このページの本文へ移動

予算の状況

  • 印刷する

予算編成の概要

 浜田市では、長引く景気の低迷に伴う市税の減収に加え、国の三位一体の改革に伴う一般財源総額の大幅な減額により、極めて厳しい財政状況にあります。
そのため、平成18年度当初予算の編成にあたっては、合併協定の新市まちづくり計画の実現に向け中期財政計画に沿った計画的予算編成を行うとともに、概算要求基準(シーリング)における一般経費の大幅カット(実質△7%)を設定し、合併効果の実現を図りつつ、歳出全般にわたる見直しを行いました。
この結果、平成18年度の一般会計予算総額は、357億9,000万円となり、実質的な前年度予算である合併前5市町村予算の合計額(349億4,593万5千円)と比較して、金額で8億4,406万5千円の増、率にして2.4%の増となりました。
合併前予算と比較して増となった主な要因は、「CATV」整備の拡大、「高機能消防指令センター」の新規整備、「矯正施設建設促進関連事業」の早期着手など合併協議で定めた建設事業に多額の経費を要することによるものです。

一般会計の主な事業 ( )は事業費

 

合併記念式典開催事業 (2,269千円)
CATV整備事業 (380,975千円)
定住対策事業 (6,601千円)
コミュニティ助成事業 (19,288千円)
(仮称)弥栄やすらぎの家整備事業 (36,920千円)
次世代育成支援事業 (131,139千円)
雪崩防止策設置事業 (80,000千円)
矯正施設建設促進事業 (6,115千円)
ものづくりスタートアップ事業 (4,188千円)
ふるさと交流館整備事業 (16,458千円)
浜田駅北地区整備事業 (1,709,000千円)
旭インター団地整備事業 (126,200千円)
高機能消防指令センター整備事業 (314,075千円)
児童生徒安全対策推進事業 (3,548千円)
小学校施設大規模改造事業 (51,718千円)
中学校施設大規模改造事業 (30,850千円)
歴史的建造物取得活用事業 (78,004千円)
学校給食センター移転改築事業 (1,116,934千円)

 

 

(単位:万円)
会計名 平成18年度当初予算額
一般会計 357億9,000
特別会計 国民健康保険 63億2,383
駐車場事業 5,205
住宅新築資金貸付事業 319
公設水産物仲買売場 1,816
老人保健医療事業 83億7,998
公共用地先行取得事業 2,674
国民宿舎事業 7,351
公共下水道事業 10億 803
農業集落排水事業 14億9,173
漁業集落排水事業 5,468
生活排水処理事業 8,413
簡易水道事業 16億9,830
合計 550億 432

 

 

  会計 平成18年度当初予算額 会計 平成17年度当初予算額
水道事業 収益的収入 10億5,894 資本的収入 8億7,051
収益的支出 10億3,149 資本的支出 12億3,554
工業用水道事業 収益的収入 9,950 資本的収入 857
収益的支出 9,946 資本的支出 857

 

平成18年度 一般会計歳出の内訳

円グラフ 市民一人あたりの歳出の状況

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る