このページの本文へ移動

(平成18年度浜田市予算 当初予算概要)常備消防費/非常備消防費/消防施設費

  • 印刷する
9.消防費   1,417,224千円
整理
番号
事業
区分
新規
区分
事業名及び事業概要 事業費 一般財源
      常備消防費 920,786 904,585
555 義務   職員給与費
職員 112名
855,702 841,537
556 一般   常備消防事務運営費
出張所名・所在地
桜ヶ丘出張所:下府町       美又出張所 :金城町今福
旭出張所   :旭町丸原     弥栄出張所 :弥栄町杵束
三隅出張所 :三隅町向野田
○浜田市消防本部・消防署・5出張所の消防救急業務を遂行するための経費
○消防無線デジタル化に係る電波伝搬調査経費(新規)
53,898 53,862
557 義務   職員管理費
消防職員として必要な知識・技術等の習得を行うための研修費
11,186 9,186
      非常備消防費 110,617 102,121
558 義務   消防団員報酬
定員 1,165人
25,083 25,083
559 一般   消防団員退職報償金
部長・班長の階級で勤続20年以上25年未満
○20人分の退職者の見込み
7,720 0
560 一般   非常備消防事務運営費
浜田市消防団運営に係る経費
○出初め式、消防機材維持管理、災害応急出勤 など
51,741 51,465
561 一般   消防団活性化推進事業
消防活動服の購入より、新市消防団の一体化及び士気の向上を図る
3,600 3,100
562 一般   消防団員等公務災害補償等共済基金掛金
消防団員の損害補償及び退職報償並びに訓練参加者、消防作業従事者の損害補償掛金
22,473 22,473
      消防施設費 385,821 19,059
563 一般   消防施設整備事業
消防施設等の整備を行う
○消火栓修繕、消防水利表示塗装
1,820 1,820
564 投資   防災まちづくり事業
消防本部及び消防団に係る消防施設・設備の整備を行う
○小型動力ポンプ付積載車購入 2台(三隅)
○小型動力ポンプ購入 1台(旭)
○防火水槽新設 1ヶ所(三隅)
○消火栓新設工事(浜田23基、金城3基、旭5基、三隅2基)
○訓練施設整備(訓練棟2棟整備)
37,978 2,378
565 一般   消防無線整備事業
消防車両に積載している消防無線機のうち、老朽化している機材について更新を行う
○2台分(はまだ107・みまた102)
800 800
566 政策 新規 高機能消防指令センター整備事業
複雑多様化している119番受信体制の集中管理を行うことを目的として、現在使用しているシステムの更新を行うまた、併せて新システムの運用が円滑に行えるよう、施設整備(庁舎増築等)を行う
314,075 12,713
567 政策 新規 救急自動車購入事業
三隅出張所に配備されている救急用自動車・救命処置用資機材を高規格救急自動車・高度救命処置用資機材へ更新する
31,148 1,348
      消防費合計 1,417,224 1,025,765

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る