このページの本文へ移動

(平成18年度浜田市予算 当初予算概要)簡易水道事業特別会計

  • 印刷する
1.簡易水道費   1,149,566千円
整理
番号
事業
区分
新規
区分
事業名及び事業概要 事業費 一般財源
      一般管理費 87,822 35,176
1 義務   職員給与費
6人
52,646 0
2 一般   簡易水道事務費
各支所すべてに対応する共通的経費
○水道審議会委員費
○水道事業会計負担金(人件費、事務費)
○メーター検針委託料、消費税
35,176 35,176
      施設維持管理費 341,125 105,328
3 一般   金城地区施設維持管理費
水道施設の維持管理、補修及び支障移転工事費
○支障移転;農業集落排水事業、市道・県道改良外 
157,067 45,058
4 一般   旭地区施設維持管理費
水道施設の維持管理費、補修及び支障移転工事費
○支障移転;公共下水道、農業集落排水事業、市道・県道改良外
124,351 22,829
5 一般   弥栄地区施設維持管理費
水道施設の維持管理及び補修費
15,305 11,084
6 一般   三隅地区施設維持管理費
水道施設の維持管理、補修及び支障移転工事費
○支所移転;市道・県道改良外
44,402 26,357
      簡易水道建設費 720,619 969
7 投資   金城地区簡易水道整備事業
給水区域内の未敷区域内及び水量不足区域に、道路改良工事(3路線、L=1,450m)に併せて水道管を布設する。また、消火栓も2基設置する。
29,280 730
8 政策 新規 旭地区簡易水道矯正施設配水設備事業
矯正施設の誘致に伴う水量不足解消のために、H18、19年度の2年間で配水地及び送配水管の整備を行う。
H18~H19 総事業費 989,246千円
送水管布設一式 調整池 2池 戸川水源改修
○H18年度
送水管布設 DCIP、VP φ150 L=2,600m
配水管布設 DCIP、VP φ200~100 L=4,100m
新柏尾谷配水地 1基 V=160m3
和田配水地 1基 V=612m3
424,010 10
9 投資 新規 旭地区簡易水道増補改良事業
戸川水源におけるクリプトスポリジウム等病原性原虫対策として、H18、19年度の2年間で国庫補助事業の導入により、ろ過施設を整備し、安全な水道水の供給を図るものである。
H18~H19 総事業費 229,428千円
浄水場建屋1棟 膜ろ過装置一式
○H18年度
測量設計 1式
浄水場造成工事 1式
18,764 73
10 投資 新規 旭地区簡易水道基幹改良事業
戸川水源系の機能低下したポンプ、電気設備及び老朽化した管路の更新をH18、19年度の2年間で国庫補助事業の導入により、72%の有収率を向上させ維持管理費の軽減を図るものである。
H18~H19 総事業費 103,640千円
送水管布設一式 戸川水源、本郷配水池電気設備更新
○H18年度
測量設計 1式
送水管布設 DCIP、VP φ150 L=1,400m
22,232 74
11 投資 新規 雲城波佐簡易水道生活基盤近代化事業
H18~23年度まで国庫補助事業の導入により、農業集落排水事業に併せ、水道施設の老朽管の更新を実施し、71.7%の有収率を向上させ維持管理費の軽減を図るものである。
H18~H23 総事業費 794,532千円
○H18年度
ポンプの更新 2台
配水管布設 DCIP φ150~100 L=2,100m
VPRR φ100~75 L=2,400m
135,433 82
12 投資   旭地区簡易水道整備事業
農業集落排水事業と併せ行う老朽管布設替工事
○市木、都川地区
40,000 0
13 投資   三隅地区簡易水道整備事業
道路改良等に伴う配水管延伸及び布設替工事
○湊浦、小野、岡見郷
50,900 0
      簡易水道費合計 1,149,566 141,473

2.公債費   548,737千円
整理
番号
事業
区分
新規
区分
事業名及び事業概要 事業費 一般財源
      元金 371,715 117,663
14 義務   長期債元金
長期債元金
371,715 117,663
      利子 177,022 34,270
15 義務   長期債利子
長期債利子
176,522 34,270
16 義務   一時借入金利子
一時借入金利子
500 0
      公債費合計 548,737 151,933

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る