このページの本文へ移動

(平成19年度浜田市予算 要求と査定結果)教育委員会

  • 印刷する

○主要施策の予算要求と査定状況

(単位:千円)

部局名 事業名
予算要求の概要
要求
事業費
査定
事業費
査定概要

教育委員会
(学校教育課)

校務用ネットワーク構築事業
CATVのエリア拡張により新たに専用光ファイバを引き込む学校を校務用ネットワークに接続し、教育委員会と各学校間の情報共有及び学校事務の効率化を図る。
【要求内容】
○校務用ネットワーク拡張業務委託料
(H19年度接続対象校:旧三隅町5校、旭中、今市小、弥栄小、山びこ学級)

9,852

9,852

要求どおり
平成18年度補正予算において、合併補助金を活用して着手。これを補完する経費であり、要求どおりとする。

教育委員会
(学校教育課)

問題行動・いじめ等指導相談事業
問題行動、いじめ等指導上の諸問題を抱える学校、保護者へ相談、支援を行い義務教育の円滑な運営を支援する。
【要求内容】
○嘱託指導員  2名
○訪問指導員  2名
 

4,526

4,526

要求どおり
命の大切さを掲げる当市において、また、学校現場にとって重要な事項であり、要求どおりとする。

教育委員会
(文化振興課)

浜田城に関する資料館及び城山整備基金積立金
浜田城に関わる資料館及びその環境整備を目的とした基金を設置し、寄付金等の積み立てを行う。

10,025

10,025

要求どおり
市民との協働という観点からも推進すべき事項と判断。


教育委員会
(生涯学習課)

移動図書館車配本事業
移動図書館車により、各地域を巡回しながら図書の貸出しを行うことにより、図書館の蔵書を有効活用し、また幅広い層に図書利用の機会を提供する。
【要求内容】
○移動図書館車購入費
○移動図書館車運転業務委託料
○パート賃金(移動図書館車貸出及び整理)

10,864

10,864

要求どおり
旧那賀郡内小中学校を定期的に巡回することから、学力向上にも寄与すると判断。図書利用啓発の取り組みを行うこととする。

教育委員会
(生涯学習課)

子どもの心安らぐ居場所づくり事業
放課後や週末に自由に立ち寄れる安全安心な居場所を開設し、次世代を担う子どもたちが心豊かにたくましく育つ体制づくりを地域社会全体で確立する。
【要求内容】
○子どもの居場所づくり運営委員会開催経費
○子どもの居場所づくり事業実施
開設場所:まちの縁側(相生町)、美川子ども教室(内村町)、あさひ子ども広場・市木っこ広場(旭町)、弥栄子ども教室(杵束、安城)
 

3,303

3,303

要求どおり
国の「放課後子どもプラン」の創設による取り組み。放課後児童クラブとの連携を図りながら、こどもの安全安心な環境づくりに資する事業ととらえ要求どおりとする。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る