このページの本文へ移動

(平成19年度浜田市予算 当初予算概要)簡易水道事業特別会計

  • 印刷する

1.簡易水道費   1,320,771千円

(単位:千円)

整理
番号
事業
区分
新規
区分
事業名 事業概要 事業費 一般財源
      一般管理費 88,113 29,693
1 義務   職員給与費 7人
 
58,420 0
2 一般   簡易水道事業事務費 各支所すべてに対応する共通的経費
○水道審議会委員費
○水道事業会計負担金(人件費、事務費)
○検針用ロール及び納入通知書印刷、水道料金システム委託料、消費税
 
29,693 29,693
      施設維持管理費 270,193 170,172
3 一般   金城地区施設維持管理費 水道施設の維持管理、補修及び支障移転工事費
○支障移転:農業集落排水事業、市道・県道改良等 
 
148,680 84,733
4 一般   旭地区施設維持管理費 水道施設の維持管理費、補修及び支障移転工事費
○支障移転:公共下水道、農業集落排水事業、市道・県道改良等

 
61,229 30,450
5 一般   弥栄地区施設維持管理費 水道施設の維持管理及び補修費

 
15,355 15,169
6 一般   三隅地区施設維持管理費 水道施設の維持管理、補修及び支障移転工事費
○支障移転:国道・県道・市道改良等
 
44,929 39,820
      簡易水道建設費 962,465 0
7 投資   金城地区簡易水道整備事業 給水区域内の水量不足区域に、道路改良工事等に併せて水道管を布設するとともに消火栓を新設する
○水道管布設 L=1,300m 
○消火栓設置:2基
 
31,000 0
8 政策   旭地区簡易水道矯正施設配水設備事業 矯正施設の誘致に伴う水量不足解消を図るため、配水地及び送配水管の整備を行う
H18~H19 総事業費 976,010千円
送水管布設一式 配水池 2池 戸川水源改修
○H19 送水管布設 L=3,900m、戸川水源改修工事一式
552,000 9,000
  政策   支弁人件費   △ 9,000 △ 9,000
9 投資   旭地区簡易水道増補改良事業 戸川水源におけるクリプトスポリジウム等病原性原虫対策として、ろ過施設を整備し、安全な水道水の供給を図る
H18~H19 総事業費 169,496千円
          国庫補助事業
  浄水場建屋1棟 膜ろ過装置一式
○H19 浄水場建屋 1棟、膜ろ過装置 一式
 
148,856 0
10 投資   旭地区簡易水道基幹改良事業 戸川水源系の機能低下したポンプ、電気設備及び老朽化した管路を更新し、有収率を向上させるとともに維持管理費の軽減を図る
H18~H19 総事業費 98,109千円
                    国庫補助事業
  送水管布設 一式 戸川水源及び本郷配水池電気設備更新
○H19 戸川水源・本郷配水池電気設備更新 一式
      送水管布設 L=270m
 
73,654 0
11 投資   雲城波佐簡易水道生活基盤近代化事業 農業集落排水事業に併せ、老朽管の更新を実施し、有収率を向上させ維持管理費の軽減を図る
H18~H23 総事業費 794,532千円 国庫補助事業
○H19年度 ポンプの更新 1台
      送水管布設 φ50 L=2,190m
    配水管布設 φ75~50 L=5,490m
 
135,955 0
12 投資   旭地区簡易水道整備事業 農業集落排水事業に併せ老朽管布設替工事を実施する
○今市、和田地区
 
17,000 0
13 投資   三隅地区簡易水道整備事業 道路改良等に併せ送配水管布設替工事を実施する
○岡崎、岡見郷
 
13,000 0
      簡易水道費合計 1,320,771 199,865

 

 

2.公債費       543,345千円

(単位:千円)

整理
番号
事業
区分
新規
区分
事業名 事業概要 事業費 一般財源
      元金 360,894 75,269
14 義務   長期債元金 長期債に係る償還元金
 
360,894 75,269
      利子 182,451 19,317
15 義務   長期債利子 長期債に係る償還利子
 
181,951 19,317
16 義務   一時借入金利子 一時借入金利子 500 0
      公債費合計 543,345 94,586

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る