このページの本文へ移動

中期財政計画~5.財政計画の分析(総括)

  • 印刷する
  •  当市の財政運営の最重要課題は、合併効果や行財政改革効果を最大限に活用して構造的収支不足を早期に解消することにあります。

     
  •  具体的には、合併特例債の有効活用、組織のスリム化等による人件費、物件費等の経常経費の削減などがあげられます。

     
  •  このような取り組みの結果、財政計画における収支は、平成24年度までは、実質的に赤字となりましたが、平成25年度からは黒字に転じ、最終平成27年度には、単年度で11億円を超す黒字を見込んでおります。

     
  • 平成28年度以降は、普通交付税の合併算定替による効果が縮減され、普通交付税が逓減することになりますが、この影響に耐えうることが可能な状況と考えております。

     
  •  このような中で投資的経費は、合併前の概ね7割程度の事業費を確保することができました。
    類似団体と比較して1.5倍程度であり、ケーブルテレビ整備事業や浜田医療センター関連事業等、主要な事業は概ね実施することが可能であります。

     
  • 財政運営の安定に欠かせない基金についても、地域振興基金の有効活用により枯渇の危機を迎えることも回避することが可能となりました。

     
  • 起債制限比率については、合併時には20%に迫る危機的状況にありましたが、合併特例債及び過疎対策事業債等の優良債の活用や約18億円の繰上げ償還により、平成27年度には10%台に改善する見込みとなっております。

     
  • このように、財政分析上はあらゆる指数が好転することとなっておりますが、人件費等の経常経費を毎年度削減するなど、厳しい行財政改革の取り組みを前提としており、計画の着実な実行に努めなければなりません。

【参考資料】

(単位:百万円、%)

区分 H23 H24 H25 H26 H27
歳入総額

30,340

26,688

29,654

31,969

31,276

歳出総額

30,340

26,688

29,654

31,969

31,276

実質収支          
基金年度末現在高(普通会計)

5,659

5,564

5,972

7,861

8,810

  財政調整基金

392

289

660

1,011

1,751

  減債基金

868

861

654

849

345

  特定目的基金

4,399

4,414

4,658

6,001

6,714

財政力指数

0.434

0.430

0.425

0.421

0.417

経常収支比率

92.6

93.3

92.9

91.3

93.2

起債制限比率

16.0

15.0

13.7

12.4

10.8

関連情報
1.策定にあたって
2.計画の基本的事項
3.推計の前提条件(個別事項)
4.財政計画
6.主要事業
7.用語解説

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る