このページの本文へ移動

平成19年度第1回浜田自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2007年06月26日 13時30分~ 15時30分
開催場所 浜田市殿町6-1
浜田公民館 第1・第2研修室
議題 (1)平成19年度当初予算の概要について
(2)再生法制について
(3)浜田きらめき債について
(4)新交通システムについて
(5)税源移譲による住民税の増額について
(6)ゆうひパーク再生計画について
公開・非公開 公開

主な意見

(1)平成19年度当初予算の概要について

・平成20年度から市税前納報償金制度の廃止については賛成ですが、どの程度の実績があるのか。

(回答)平成18年度の実績で金額では2,500千円となっています。また、該当の件数については、市県民税が3,160件で交付率26%、固定資産税は11,800件で交付率42%となっています。

(2)再生法制について

・財政が厳しいというが、分かりやすく市民に説明をしてほしい。

・基金の繰替運用は各自治区の理解が必要となると思うが、各自治区での理解は得られているのか。

(回答)浜田自治区以外の自治区では概ね理解を得ています。

(3)浜田きらめき債について

・市民が行政に参加していると思ってもらうためにも、多くの方が購入できるようにしてもらいたい。

(4)新交通システムについて

・地域とするとありがたいことではあるが、利用者数によっては経費との兼ね合いから便数等が変更となるのか。

(回答)試行運転中の結果、想定した利用者数を下回るようであれば、見直しや違う方法での運行を検討し変更となる場合もあります。

(5)税源移譲による住民税の増額について

・広報誌で周知されるのであれば、なるべく大きな字でお知らせをしていただきたい。

(6)ゆうひパーク再生計画について

 ・市は、今までゆうひパークに対してどのような対応をしてこられたのか。また、融資をする上での担保はどのようになっているのか。

(回答)今まで取締役として、経営に対する協議等をずっと行なってきています。また、経営責任を明確化し、1法人と2個人からきちんと担保をとっています。

・もっとお客さんが来るような施設となるように改修してはどうか。

(回答)改修も含めて、みなさんに利用していただき易い施設となるよう現在検討されています。

結論

(1)平成19年度当初予算の概要について

了解

(2)再生法制について

了解

(3)浜田きらめき債について

了解

(4)新交通システムについて

了解

(5)税源移譲による住民税の増額について

了解

(6)ゆうひパーク再生計画について

了解

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る