このページの本文へ移動

平成23年度第2回浜田自治区地域協議会

  • 印刷する

会議結果報告
開催日時 2012年03月14日 13時30分~ 17時00分
開催場所 浜田市殿町1番地
浜田市役所 4階 講堂
議題 1.第2回正副会長会議について
2.自治会組織化の支援策について
3.浜田市地域公共交通基本計画の策定について
4.浜田市立中央図書館の進捗状況について
 
公開・非公開 公開

主な意見

1. 第2回正副会長会議について
  企画財政部地域政策課より平成24年3月7日(水)に開催した第2回浜田市地域協議会正副会長会議について報告

   正副会長会議の議題
   ・自治区制度パンフレット案について
   ・限界集落の状況について
   ・地区まちづくり推進委員会の設立状況について
   ・各地域協議会の開催状況及び運営課題について
 
(意見・質問)
(1)地域振興基金について、自治区制度が続く限り現在の運用を行うのか。
(2)限界集落の状況を説明した目的は何か。
(3)高齢化が進んで限界集落が増えていくと、町内再編成という話も考えていく必要があるのではないか。
(4)山間部では、一つの集落に人が少ない状況である。交通の便を良くしたり、街に出やすくしたりの手立てをして、今の場所で暮らしていけるような取り組みが必要だと考える。
(回答)
(1)自治区制度については当面10年間設置としていますので、平成27年度までは現在の運用を行うことになると考えています。自治区制度を今後どうするかということについては、まだ方向性が出ていません。
(2)限界集落のイメージとして、山間部における問題と思われることがありますが、市街地においても高齢化率の高いところが存在します。この状況を委員の皆さんにまずは紹介しました。
(3)再編を強制することは考えていません。近隣の町内と一緒になって活動をすることで地域コミュニティの一体化が図れることを推進しています。それに伴い町内合併が行われる場合も出てくるかもしれませんが、地域の皆さんがまとまって活動されることで主体的なまちづくりを進めていただきたいと考えています。
(4)市としても、交通網整備や公共交通、あるいは買い物サービスなど様々な施策に取り組んでいます。また、隣り合った町同士助け合っていける関係を、「地区まちづくり推進委員会」設立により構築していただきたいと考えています。 
 
 
2.自治会組織化の支援策について
  企画財政部地域政策課より自治会の組織化の支援策としてのまちづくり交付金の制度拡充について説明
 
(意見・質問)
(1)「まちづくり総合交付金」制度の交付対象団体で挙げられている「200世帯以上の単一の町」について、例えば、○○町の2町内が、さらに2-1町内、2-2町内、2-3町内の3つに分かれている場合、それが一つにまとまり200世帯を超えていれば、要件を満たしたことになるか。
(回答)
(1)この制度における「単一の町」とは、○○町であれば、○○町全ての町内がまとまることを意味しています。また、「複数の町」とは、○○町全体と△△町全体が一つにまとまることを意味しています。
 
 
3.浜田市地域公共交通基本計画の策定について
  企画財政部定住対策課より浜田市地域公共交通基本計画の策定及び市主管公共交通の運行状況について説明
 
(意見・質問)
(1)幹線道路まで出れば民間路線バスが走っているが、高齢者はそこに出るまでの交通手段に困り、タクシーで買い物や病院に行く方も結構いると聞いている。 
(回答)
(1)公共バスの利便性・利用者数については、便が無くなると不便ですが、維持していくには費用負担が大きいという問題があります。皆さんのご意見をいただきながら、「生活路線バス」や「デマンドタクシー」(乗合タクシー)といった公共交通のあり方についても検討を進めさせていただきます。
 
4.浜田市立中央図書館の進捗状況について
  教育委員会生涯学習課より浜田市立中央図書館の進捗状況について説明
 
(意見・質問) 
(1)図書館内に「郷土・民族・行政資料コーナー」が設置されるようだが、市内にある郷土資料館との住み分けはどうなるのか。
(2)建設箇所は浜田川に近いが、過去の水害ではダムの放水もあって結構な水位になった。新しいダムができるとかえって危険度が増すことはないか。
(回答)
(1)このコーナーでは、郷土等を紹介する本、書籍類を扱います。
(2)図書館の雨水は川側へ、駐車場の雨水は県道浜田八重可部線の方に向けて傾斜を切った排水計画になっていて雨水が溜まりにくいようになっています。建設検討委員会ではそれらが考慮されたうえで、この地に建てることが望ましいとの答申を受けています。過去の水害に関しましても、川幅も広がり、護岸の整備もされてきていますので、当時よりもかなり危険性は低くなっていると評価しています。

結論

1.第2回正副会長会議について
2.自治会組織化の支援策について
3.浜田市地域公共交通基本計画の策定について
4.浜田市立中央図書館の進捗状況について
 
全ての事項について了解 
 ※地域協議会終了後、平成24年3月20日に竣工した浜田市立長浜小学校新校舎の視察を行いました。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る