このページの本文へ移動

平成20年度第1回金城自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2008年05月22日 13時30分~ 16時05分
開催場所 浜田市金城町下来原171番地
みどりかいかん 2階 中集会室
 
議題 【協議】
 (1)美又へき地保育所の今後のあり方について
 (2)新交通システムの検討について
 (3)中山間地域コミュニティ再生重点プロジェクト事業について
【報告】
 (1)中期財政計画について
 (2)地籍調査事業について
 (3)金城地区中山間地域総合整備事業について
 (4)地方公社等の状況について
 (5)平成20年度ケーブルテレビエリア整備予定について
公開・非公開 公開

議題の趣旨及び、主な意見、質問

【協議事項】
 (1)美又へき地保育所の今後のあり方について
  ≪趣旨≫
    美又へき地保育所は、行財政改革の推進により民営化が検討されてきたが、平成23年度には入所予定児童が見込まれない状況にあり、経営的に困難であることから、金城自治区としては平成21年度から閉所する方針とした。これについて、保護者・地元と協議を行い、保護者・地元とも「閉所もやむを得ない」という意見が大半であったことを併せて報告し、協議会としての意見を求めた。

  ≪質問及び回答≫
   (問)閉所後の施設利用について、何か考えているのか。
   (答)施設の利活用については、旧美又小学校と併せて今後、地元の皆さんの意見を聞きながら、検討していきたい。

   (問)来年度(閉所)以降、保育園への交通の便はどうなっているのか。
   (答)バスの送迎はない。また、公共交通機関も利用できる時間帯にないため、保護者の方の対応となる。 
   
   (問)保育所の閉所などが行われていく中、市として少子高齢化対策として施策や予算が何かあるか。
   (答)浜田市の保育料は国基準の60%に抑えている。
 

  ≪意見≫
   ・閉所となった後の施設利用についてどうすれば良いか検討が必要。

 (2)新交通システムの検討について
  ≪趣旨≫
    昨年秋に実施した第1回地域交通アンケートの結果を基に前回の地域協議会において「地域交通システム検討案」を示した。今回は、その案を基に既存バス路線業者と協議した結果を踏まえ、試験運行のルート、料金、運行日、所要時間などを示し、今後、利用対象地区の住民のみなさんを対象に第2回のアンケートを実施し、その結果をふまえ、試験運行に反映させ検討することを説明。

  ≪質問及び回答≫
    (問)患者輸送車利用の方は、無料から有料になるのは負担が増える。無料にすることはできないのか。
    (答)無料での運行は考えていない。既に運行している他地区においても無料にしているところはない。

    (問)アンケートの前に地元説明会を実施する予定はあるのか。
    (答)試験運行前に説明会の実施を考えていた。今後のスケジュール等のため、アンケートの配布にあわせ、行政連絡員の方への説明会を実施することで了解いただきたい。

   ≪意見≫
    ・浜田への運行はできないか。医療センターなどに通院するには現在の公共交通では時間が遅くなり、便数が少なく不便である。

 (3)中山間地域コミュニティ再生重点プロジェクトについて
   ≪趣旨≫
     急激な人口減少・少子高齢化のため集落単位での地域運営や日常生活が成り立たなくなっている現状のもと、新たな地域運営の仕組みづくりが必要であるとの観点により予算的・人的支援を重点とした県事業が今年度から2年間実施される。この事業に浜田市が指定を受け、金城自治区では、過疎化・高齢化が進む波佐・小国地域においてこの事業に取り組むことを説明。
   
 【報告事項】
 (1)中期財政計画について
   前回の地域協議会でご意見をいただいた中期財政計画(55億円の削減根拠等)について再度、説明。 

 (2)地籍調査事業について
   上来原地区は、平成20年度から25年度(予定)、入野地区については平成21年度から地籍調査を実施する計画について説明。

 (3)金城地区中山間地域総合整備事業について
   事業採択を受け、今年度から事業が実施されることに伴い、地元受益者負担や代表者の決定等の協力をお願いすることについて説明。
  ≪意見≫
  ・高齢化率が高く、受益者負担金を5年先では払えないという不安の声がある。事業期間を短縮できないか。自分たちの地域のものが、いつ頃できるのかといった全体計画をできるだけ早く示してほしい。

 (4)地方公社等の状況について
   金城自治区の施設等について現在の状況報告、及び4月1日にリニューアルオープンした「美又温泉国民保養センター」の利用状況について報告。
  ≪意見≫
  ・リフレパークきんたの里は、来年3月で指定管理が終了するが、その際も全国公募になるのか。リフレッシュかなぎは、きんたの里を運営するために設立された会社である。地元企業の育成等に配慮していただきたい。

 (5)平成20年度ケーブルテレビエリア整備予定について
   確定した平成20年度の整備エリアについて説明し、加入料補助等について該当地区で説明会を実施することを説明。

結論

【協議事項】
 (1)美又へき地保育所の今後のあり方について
  ・保護者、地元がやむを得ないという意見であり、今後、入所児童も見込めないということで、金城支所の方針を了承。

 (2)新交通システムの検討について
  了承。

 (3)中山間地域コミュニティ再生重点プロジェクトについて
  了承。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る