このページの本文へ移動

平成23年度第1回金城自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2011年05月31日 13時30分~ 17時00分
開催場所 浜田市金城町下来原171番地
みどりかいかん 2階 中集会室
議題 【協議事項】
(1)地域提案型チャレンジ事業について
(2)地域公共交通体系の見直しについて
【報告事項】
(1)浜田市縁の里地域振興施設「小波の郷」完成について
(2)宝くじ助成事業 除雪機要望状況について
【その他】
(1)かなぎふれあい号利用状況
(2)かなぎおでかけバス利用状況
(3)金城スマートIC利用状況
(4)東日本大震災に係る支援について
公開・非公開 公開

主な意見

1)地域提案型チャレンジ事業について
《趣旨》
 地域提案型チャレンジ事業創設にかかる前回協議について説明。事業区分を(1)地域コミュニティビジネスの創出、(2)農産物を活かしたまちづくりの実践、(3)都市農村交流の促進の3つの案となっている。補助率は1公民館エリアあたり50万円とし、申請者に事業計画の発表や自己評価をしてもらい、目標の達成等について検証してもらう。この事業は5ヵ年とし今年度の受付期間は7月から12月とする。
 
【質問】
 事業区分が3つだが、それぞれの申請か。それとも組み合わせた申請をしても良いのか。
 
【回答】
 補助金の範囲内で事業を組み合わせて申請しても良いと考える。
 
【質問】
 時期的に来年の春に事業をする場合、申請は3月からでもできるのか。
 
【回答】
 5ヵ年の事業としており年度ごとの事業である。4月以降の申請となる。また、次年度以降は補助金額50万円も変更する可能性もある。
 
【質問】
 この事業について、行政連絡員やまちづくり推進委員会に情報を流しているか。
 
【回答】
 この協議会で初めて具体的に提示した。まちづくり推進委員会が設立されたところから随時紹介、説明をして募集をする。
 
【意見】
 これまでの事業は予算を消化すれば終わりというものばかりだった。発表や自己評価をすることを地域の方にしてもらうのは良い提案だ。しっかりと腰を据えて取り組んでほしい。
 
2)地域公共交通体系の見直しについて
《趣旨》
 自治区内で運行している、市営バス「かなぎおでかけバス」、総企バスの乗り入れ及びデマンドタクシー「かなぎふれあい号」の状況について説明。「かなぎふれあい号」の平成22年度実績を報告。「かなぎおでかけバス」と総企バスについては1カ月の運行状況について報告。
 
【質問】
 利用者から具体的な苦情や意見はなかったか。
 
【回答】
 そういうものは無かった。しかし、バスに人が乗っていないという意見はあった。
 
【質問】
 路線の変更はできるか。
 
【回答】
 公共交通会議で承認されればできる。
 
【質問】
 バスは購入したのか。また初期投資はどのくらいしたのか。
 
【回答】
 スクールバスの更新時期であったため1台購入した。初期投資についてはスクールバスに押しボタン設置、車体デザイン、バス停設置等、全部で600万円程度した。
 
【意見】
 「かなぎおでかけバス」については1ヶ月のデータで見直しは早すぎる。様子を見るべき。
 
【意見】
 関連することで、高齢者のおでかけは主に買い物であると思うが、移動販売車を整備し巡回することも大事と思う。
 
【報告事項】
1)浜田市縁の里地域振興施設「小波の郷」完成について
《趣旨》
 平成23年3月に完成した、浜田市縁の里地域振興施設「小波の郷」について事業経過、概要について報告。
 
【意見】
 特になし。
 
2)宝くじ助成事業 除雪機要望状況について
《趣旨》
 金城自治区連合自治会名で、宝くじ助成事業により250万円で除雪機を要望した背景を説明。正式ではないが採択を受けたことを報告。予算は6月議会にかけ、議決されれば正式に申請する旨説明。今後地区まちづくり推進委員会と各自治会に配置の意向調査を行なう。
 
【質問】
 宝くじ助成事業以外の事業で整備した事例があるか。今年3台で、来年もう3台整備しようと思うと、別事業で整備することになるのか。
 
【回答】
 宝くじ以外では道路関係の交付金事業で購入した事例がある。しかしすべてが整備されるほどの補助金ではないので、足らずは基金で対応している自治区もある。
 
【その他の事項】
1)かなぎふれあい号利用状況
2)かなぎおでかけバス、総企バス利用状況
 協議事項で説明があったので省略
 
3)金城スマートIC利用状況
 金城スマートICの利用状況を報告。無料化実験以降、1日1,000台以上の利用。大震災関係の財源確保のため無料化社会実験が6月に凍結、休日上限1,000円については廃止となることを報告。
 
4)東日本大震災にかかる支援について
 東日本大震災にかかる浜田市の支援状況について報告。

結論

【協議事項】
1)地域提案型チャレンジ事業について
了承。
 
2)地域公共交通体系の見直しについて
 意見収集をし、次回の協議会で再協議。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る