このページの本文へ移動

平成19年度第6回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2008年03月26日 13時30分~ 17時20分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
浜田市旭支所 3階 大会議室
議題 (1)平成20年度浜田市当初予算旭支所所管事業について
(2)浜田市地域振興基金の状況について
(3)浜田市定員適正化計画について
(4)浜田市議会報告について
  (1)平成20年4月における機構改革について
  (2)安心安全まちづくり推進計画の概要について
  (3)浜田市税の滞納に対する行政サービス制限の拡大について
公開・非公開 公開

主な意見

(1)平成20年度浜田市当初予算旭支所所管事業について
(意見)道路特定財源が廃止になった場合、市道や林道の整備に影響が出てくるのか。
(回答)道路特定財源が廃止されると、道路交付金事業について、当面は執行を停止せざるを得なくなると思われます。
(意見)定住対策事業の空き家バンクの登録数はどの程度か。今後の空き家の活用方法をどのように考えているのか。
(回答)空き家登録に向け調査を実施しましたが、所有者の意向もあり平成19年度の登録はありませんでした。空き家バンク登録については、地域からの情報を基に調査を行い、自治会と連携し、空き家の有効活用に取り組んでいきたいと思います。
(意見)島根あさひ社会復帰促進センター受刑者が、退所後に身元引受人がいない、行き先が無いという事態が想定される。問題が起こらないよう、地域住民が安心できる対応をお願いしたい。
(回答)次回 地域協議会を目途に、地域からの質問に回答していただくよう、法務省と調整します。
(意見)あさひ荘について、今後の管理運営をどのように考えているのか。
(回答)あさひ荘の今後の運営管理については、住民の方々の意見を聞き、地域の温泉組合と協議し、民業を圧迫しないよう共同で観光振興に取り組んでいきたいと思います。

(2)浜田市地域振興基金の状況について
(意見)長期繰替運用の決定について「あらかじめ政策企画会議に諮り、市長が決定する」となっているが、自治区の意見は反映されないのか。
(回答)自治区長は政策企画会議の構成員であり、地域協議会での協議結果を踏まえ、政策企画会議の議案を審議しています。
(意見)自治区制度が10年後に存続しなくなった場合、地域振興基金の取り扱いはどうなるのか。
(回答)10年後の地域振興基金の取り扱いについては、最終的な結論は出ていません。
 

(3)浜田市定員適正化計画について
(意見)定員適正化計画に沿って無理な人員削減を行えば、住民サービスの低下につながるのではないか。
(回答)浜田市では危機的な財政状況の中、職員の削減は避けられない状況です。事務の合理化を図り、人員削減に取り組んでいきます。

(4)浜田市議会報告について
 (1)平成20年4月における機構改革について
  ・意見なし
 (2)安心安全まちづくり推進計画の概要について
  ・意見なし
 (3)浜田市税の滞納に対する行政サービス制限の拡大について
  ・意見なし

結論

全議題について了解された。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る