このページの本文へ移動

平成20年度第1回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2008年05月22日 13時00分~ 15時20分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
浜田市旭支所 3階 大会議室
議題 (1)浜田市新交通システム旭自治区試行運転計画について
(2)平成20年度ケーブルテレビ整備予定エリアについて
(3)地域健康づくり推進事業について
(4)地域子育て支援拠点事業について
(5)島根あさひ社会復帰促進センター開所に伴う複合商業ゾーン(仮称)の整備について
(6)物件費・補助費等55億円削減計画の策定について
公開・非公開 公開

主な意見

(1)浜田市新交通システム旭自治区試行運転計画について
(意見)試行運転計画に使用する運行車両は、どの程度のものを想定しているのか。
(回答)運行車両は、7人乗りの大型タクシーを予定しています。
(意見)デマンドバスは、対象地区以外の人は利用できないのか。
(回答)デマンドバスは路線バスが運行していない地域の方を対象に、交通の不便を解消することを目的に運行するものであり、対象地区の方に利用していただくこととしています。
(意見)都川・坂本線の運行時刻について、あさひ診療所からの帰り便については、今市停留所で停車時間を設け、商店、行政機関、金融機関等で用事が出来るよう、運行時間の設定をお願いしたい。

(2)平成20年度ケーブルテレビ整備予定エリアについて
(意見)工事の予定はどのようになっているのか。
(回答)加入予約申込みを11月末まで受け付け、申込状況を実施設計に反映し、幹線工事発注することとなります。

(3)地域健康づくり推進事業について
(意見)地域健康づくり推進事業は、これから具体的な計画を策定することとなるのか。
(回答)今年度はモデル地区を選定し、グループワークを開催し地域の問題点を洗い出し、事業計画に盛り込んでいきます。
(意見)この事業は、自治会を中心に実施していくのか。
(回答)公民館を核として、旭町内5地区で事業展開していく予定です。
(意見)一人暮らしの高齢者が多くなっており、孤独死が社会問題となっている。一人暮らしの高齢者対策を計画に盛り込んでほしい。
(回答)高齢者の方の不安を解消し、安心して暮らしていけるよう、事業計画に盛り込んでいきたいと思っています。

(4)地域子育て支援拠点事業について
・意見なし

(5)島根あさひ社会復帰促進センター開所に伴う複合商業ゾーン(仮称)の整備について
・意見なし

(6)物件費・補助費等55億円削減計画の策定について
(意見)何年で55億円を削減していくのか。また、55億円削減の見通しはついているのか。
(回答)平成27年度末までに55億円を削減していく計画であり、現在、事務作業に入っているところです。人件費約22億円の削減計画も含め、これから事業項目ごとに具体的な削減計画を示していくこととしています。

結論

全議題について了解された。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る