このページの本文へ移動

平成20年度第4回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2009年01月30日 13時30分~ 16時00分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
浜田市旭支所 3階 大会議室
議題 (1)物件費等55億円財源計画の概要について
(2)平成21年1月における機構改革について
(3)基幹系システムの次世代化について
(4)中期財政計画について
(5)ケーブルテレビ設備貸付契約(IRU契約)について
(6)新交通システム試行運転の利用状況について
(7)浜田市CATV加入促進スケジュールについて
(8)旭町学校給食会の解散について
(9)平成21年産米生産目標数量の配分について
公開・非公開 公開

主な意見

(1)物件費等55億円財源計画の概要について
(意見)前納報奨金制度の廃止により年間2,700万円の経費削減がされているが、制度の廃止で徴収率が下がるのではないか。
(回答)前納報奨金制度は、税収の早期確保と納税意識の向上等の目的で創設された制度ですが、収納状況からほぼ目的を達成したと思われることや、納税者間の不公平感を解消するなどの理由に廃止することとしました。
(意見)農業振興を推進する中で、農業者が有害鳥獣に悩まされていることを承知されていると思うが、何故、有害鳥獣被害防止施設整備事業費を削減するのか。
(回答)有害鳥獣被害防止施設整備事業について、旭自治区においては、これまでの事業実施により普及していると認識しています。自治区により事業実施状況に偏りもあり、要綱の見直しを検討し、事業費用額は減額しますが、支援を廃止するわけではありません。
(意見)旭自治区では公民館活動を強化する時期であるはずなのに、活動推進費が削減されている。
(回答)浜田市全体では公民活動費を削減しますが、旭自治区では来年度 中央公民館に専任主事を1名加配する等、必要予算の確保に努めています。

(2)平成21年1月における機構改革について
・意見なし

(3)基幹系システムの次世代化について
・意見なし

(4)中期財政計画について
・意見なし

(5)ケーブルテレビ設備貸付契約(IRU契約)について
(意見)市が3億円を超える投資をしてケーブルテレビ整備をして、10年間の施設貸付料が5,400万円程度しか見込めないのは不効率である。
(回答)石見ケーブルビジョン株式会社が当該設備の運用に支障をきたすことがないよう、当該設備の運用事業による収益の範囲内で貸付料を定めています。旧那賀郡部では旧浜田市のように世帯が密集していないことから、ケーブルテレビ整備費用額が5倍程度かかり、民設民営での対応が不可能であることから、IRU契約によりケーブルテレビ施設を貸し出し、石見ケーブルビジョン株式会社にケーブルテレビの運用を委託するものです。石見ケーブルビジョン株式会社において整備費に見合う収入が見込めないことをご理解ください。

(6)新交通システム試行運転の利用状況について
・意見なし

(7)浜田市CATV加入促進スケジュールについて
(意見)平成20年度整備エリアのケーブルテレビ加入率は、どのくらいか。
(回答)丸原地区 77.1%、木田地区 92.1%、和田地区 88.8%の加入率となっており、平成20年度整備エリア全体では88.1%の加入予約となっています。

(8)旭町学校給食会の解散について
(意見)現職員の待遇が不利にならない方向で検討するよう、配慮していただきたい。
(回答)当面、現行のとおり勤務することで、職員の方には了承いただいています。職員の処遇について不利にならないよう、配慮していきたいと思います。

(9)平成21年産米生産目標数量の配分について
・意見なし

結論

全議題について了解された。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る