このページの本文へ移動

平成22年度第9回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2011年03月28日 13時30分~ 15時30分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支役所 3階 大会議室
議題 (1)地域協議会部会の委員構成について
(2)東北地方太平洋沖地震に係る支援について
(3)行政連絡員報酬の統一について
(4)米軍機の低空飛行に対する対応について
(5)市道草刈り報奨金の統一について
(6)旭温泉源泉調査結果について
(7)レジ袋の削減に向けた取組みについて
(8)平成23年度国民健康保険診療所診療体制について
(9)浜田市議会報告について
   (1)財産の無償譲渡について
   (2)平成23年4月における機構改革について
   (3)ケーブルテレビによるデータ放送の本格運用について
   (4)浜田市青少年サポートセンターの設置について
   (5)住宅リフォーム助成事業について
(9)その他
公開・非公開  

主な意見、質問及び協議結果等

【協議事項】
1.地域協議会部会の委員構成について
前回の地域協議会において決定した部会設置について、委員の振分けを協議。
協議の結果は以下のとおり。
地域づくり部会・・・岩田、大峠、芳川、白川、角田委員、事務局として岩谷支所長、田村自治振興課長
産業・基盤づくり部会・・・谷尾、河内、岡本(義)、岡本(嗣)、尾崎委員、事務局として田村産業課長、塚田建設課長、阿瀬川自治振興課主事
安心・環境づくり部会・・・木村、日田、馬場、藤本、服部委員、事務局として大賀市民福祉課長、大屋自治振興係長

【報告事項】
1.東北地方太平洋沖地震に係る支援について
被災地に対する支援等の取り組みについてを報告。
(意見)
被災地からの転入支援として、雇用促進住宅65戸とあるが、場所はどこか。また、空き家等は考えているか。
(回答)
浜田及び金城自治区にある住宅。空き家については、調査を行い、受け入れ準備を進めていく。

2.行政連絡員報酬の統一について
各自治区によって差異のあった行政連絡員の報酬を平成23年4月から統一することについて説明。
(意見)
特になし。

3.米軍機の低空飛行に対する対応について
公式な合意事項があるにも関わらず、違反していると思われる超低空飛行や休日訓練が行われていることに対する取り組みについて報告。
(意見)
特になし。

4.市道草刈り報奨金の統一について
各自治区において差異のあった報奨金を統一したことについて説明。旭自治区においては今まで1㎡当たり15円の1回としていたものを1m当たり10円の2回までとした。
(意見)
1m当たりとは、法面も一緒と理解していいのか。
(回答)
一緒と理解して欲しい。
(意見)
2回分まで支払うということだが、何月に1回目を行えばいいのか。
(回答)
6~9月の間で2回行うようにしていただきたい。
(意見)
林道は対象となるのか。
(回答)
全線を対象としていないが、林道は今までどおり1m当たり10円でお願いしたい。
(意見)
河川の草刈りについても2回分まで認めてもらえないか。
(回答)
河川の草刈りは島根県の管理となっているところが、ほとんどであり、事業費の半分を負担している。2回分の補助までは島根県も考えていないとのことだが、意見は伝える。
(意見)
河川管理道は対象となるのか。
(回答)
対象としていない。

5.旭温泉源泉調査結果について
旭温泉再整備として新たな源泉の可能性を調査した結果、温度、湯量ともに有望な場所が確認できたことについてを報告。
(意見)
美又温泉では温泉スタンドをやっているが、旭温泉でもそういった考えはあるのか。
(回答)
温泉に入っていただくことが前提ではあるが、温度、湯量ともに十分であれば検討する。

6.レジ袋の削減に向けた取組みについて
平成23年9月1日からレジ袋無料配布中止の取組みを開始することを報告。
(意見)
特になし。

7.平成23年度国民健康保険診療所診療体制について
4月からあさひ診療所の所長、診療医師、診療時間等が変わることを報告。
(意見)
かかりつけ医の診療日が少なくなるが、大丈夫か。
(回答)
前所長も週に2回程度は診療されることになっている。新所長も総合内科専門医ですので、これまでと同様にあさひ診療所で受診していただきたい。
(意見)
医療体制の確保が出来たことはすばらしいと思う。新たな先生が地域に根付いていただくためにも、旭自治区・地域をあげて、感謝の言葉やお礼の言葉で応援をしていただきたい。

8.浜田市議会報告について
(1)財産の無償譲渡について
旭森林研修交流センターを株式会社ユートピア・マウンテンリゾートに譲渡することについて報告。
(意見)
特になし。
(2)平成23年4月における機構改革について
今後職員が減少していく中で、効率的な機構改革の確立を目指し、全庁的な機構改革を段階的に進めていく方針に基づき、平成23年4月における機構を改変することについて説明。
(意見)
支所三部門化で人員20人体制とあるが、実現した場合、支所機能がどの程度になると推測しているのか。
(回答)
この改革は職員削減計画と自治区制度が10年間であるという前提とあわせ検討されている。実際、臨時や嘱託を確保しなければ、この人数では自治区としての機能は果たせないと考える。
(意見)
自治区制度が10年間であることを前提にしているが、旧那賀郡の住民にとっては絶対的に存続して欲しい願いが強い。決定はしていないと思うが、地域協議会の意見として伝えていくことが可能なのか。
(回答)
自治区制度についてはこれから議論が深まっていく。地域協議会においても十分協議し、意見をまとめていきたいと考えているため、皆さんの気持ちをひとつにして取り組んでいただきたい。
(意見)
平成23年度機構図に石見神楽係が観光振興課に新設されているが、目的を聞きたい。
(回答)
古事記編纂1300年関連事業に併せ、石見神楽をもっと全国的にPRをしていくことを目的としている。
(3)ケーブルテレビによるデータ放送の本格運用について
石見ケーブルビジョンのデータ放送を活用し、4月以降、各種の行政情報を順次掲載していくことについて報告。
(意見)
特になし。
(4)浜田市青少年サポートセンターの設置について
子ども・若者育成支援体制を強化するため、青少年サポートセンターを設置することについて報告。
(意見)
特になし。
(5)住宅リフォーム助成事業について
居住環境の向上と住宅関連産業の振興を図るため、既存の住宅を市内の工務店等を利用してリフォームを行う場合に、その費用の一部を補助することについて説明。
(意見)
特になし。

【その他】
1.まちづくり総合交付金について
各地域への交付額が確定したことについて報告。
(意見)
特になし。
2.総合振興計画・定住自立圏共生ビジョン・国土利用計画書の配布について
各委員に各計画書を配布し、内容を確認しておくことを依頼。
(意見)
特になし

結論

【協議事項】
1.地域協議会部会の委員構成について
  ・承認
【報告事項】
1.東北地方太平洋沖地震に係る支援について
  ・了解
2.行政連絡員報酬の統一について
  ・了解
3.米軍機の低空飛行に対する対応について
  ・了解
4.市道草刈り報奨金の統一について
  ・了解
5.旭温泉源泉調査結果について
  ・了解
6.レジ袋の削減に向けた取組みについて
  ・了解
7.平成23年度国民健康保険診療所診療体制について
  ・了解
8.浜田市議会報告について
  ・了解
【その他】
1.まちづくり総合交付金について
  ・了解
2.総合振興計画・定住自立圏共生ビジョン・国土利用計画書の配布について
  ・了解

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る