このページの本文へ移動

平成23年度第4回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2011年11月25日 09時00分~ 11時30分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支役所 3階 大会議室
議題 (1)平成24年度旭自治区主要事業要望について
(2)地域協議会委員の改選について
(3)3部会合同で検討すべき提案事業について
(4)浜田市防災無線の統合について
(5)旭温泉源泉掘削状況について
公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

【協議事項】
1.平成24年度旭自治区主要事業要望について
平成24年度当初予算要求している事業のうち主なものとして新規11事業、継続8事業について、また、地域振興基金を充当して行う予定としている事業についての概要を説明。
(意見)
産業・基盤づくり部会において提案した事業が予算要求されており、動き出した感がある。実施内容の詳細を伺いたい。また、地区拠点集会施設において、大規模修繕は今後も浜田市での整備をお願いする。
(回答)
部会からの提案事業として、地域参加型農道整備事業は農道舗装を実施する集落への補助、基盤整備事業は河川管理道の舗装を浜田市で実施、水稲委託組織会社設立支援事業は会社設立のための出資及び施設整備助成を行う。また、地区拠点集会施設については、地域の重要な施設として浜田市で管理していく必要があると考えているが、16施設のうち行政区管理の集会施設については地域への譲渡を考えている。
(意見)
棚田等農地保全整備事業は早期に取り組んで欲しいという要望も多くあるため、事業費をもう少し増やし対応することは可能か。
(回答)
地域の要望を聞きながら増額する方向で進めていく。
(意見)
地域健康づくり推進事業について、健康教室の開催予定だが、どのような方法を考えているか。また、市道旭インター久保田谷線改良事業について、詳細説明をお願いする。
(回答)
地域健康づくり推進事業は、音楽療法やポールウォーキングといった運動療法を用い、まちづくり推進委員会を主体として事業を進めていく予定としている。また、市道旭インター久保田谷線改良事業は、遊休の市有地である第3工区活用のために浜田消防署旭出張所から市道久保田谷線までのアクセス道として整備する。
(意見)
定住促進住宅建築費補助について、宅地を探すにも重富住宅団地しかないため、第3工区の開発も含め宅地の確保が重要だと思うが。
(回答)
島根あさひ社会復帰促進センターの関係者から定住したいという旨の声を聞いていることもあり補助制度を計画した。住宅建築には用地確保も必要であるため、第3工区の活用も検討していく。

2.地域協議会委員の改選について
次期地域協議会委員の選出方法について協議。
(意見)
従来方法に南高台を加え、11自治会及び連合自治会からの推薦としていただくことでどうか。
(意見)
本来であれば、地区まちづくり推進委員会からの推薦が望ましいと考える。
(意見)
次期の改選はまちづくり推進委員会からの推薦で良いが、今回については女性枠を増やし、従来どおりの推薦とすることでどうか。
(結論)
南高台を含む11自治会から各1名、旭町連合自治会から女性4名を推薦することで決定。

3.3部会合同で検討すべき提案事業について
3部会合同で検討すべき事業についての事業構想案について説明。
(意見)
あさひ荘の活用については、あさひ荘の周辺についても議論の必要があると思うが。
(回答)
周辺も含めて検討する。

【報告事項】
1.浜田市防災無線の統合について
浜田市全体を管理できる体制に整備したことで、時間的余裕の無い事態の発生による緊急情報等を瞬時に伝達できるシステムが運用可能となったことについて説明。
(意見)
特になし。

【その他】
1.旭温泉源泉掘削の状況について
現在までの進捗状況を報告。
(意見)
特になし。

結論

【協議事項】
1.平成24年度旭自治区主要事業要望について
  ・承認
2.地域協議会委員の改選について
  ・承認
3.3部会合同で検討すべき提案事業について
  ・承認
【報告事項】
1.浜田市防災無線の統合について
  ・了解
【その他】
1.旭温泉源泉掘削の状況について
  ・了解

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る