このページの本文へ移動

平成24年度第2回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2012年05月22日 16時00分~ 17時30分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支所 3階 大会議室
議題 (1)浜田市IT懇話会委員の推薦について
(2)浜田市行財政改革推進協議会委員の推薦について
(3)今後の防犯灯整備に係る対応について
(4)島根あさひ社会復帰促進センターからの逃走等にかかる市の行動計画について
(5)地域健康づくり推進事業について
(6)旭自治区の農地を守るための新たな事業について
(7)米軍機とみられる低空飛行による騒音の状況について
公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

【協議事項】
1.浜田市IT懇話会委員の推薦について
情報通信技術の利活用についての懇話会開催にあたり、地域協議会委員から1名の選出依頼があったことに対し、推薦者を協議。

2.浜田市行財政改革推進委員会委員の推薦について
任期満了に伴い次期委員の推薦について協議。

3.今後の防犯灯整備に係る対応について
防犯灯のLED化について、平成24、25年度の2ヶ年を集中投資期間と位置付けて取組むこととしたが、財政的に厳しいところもあるため、予算措置として取替えについては1/2を地域振興基金を充当する予定としていることについて協議。
(質問)
行政連絡員会議では、取替えについては対象としないと説明をされており、今回の説明と異なっているが理由は何か。
(回答)
当初予定していたよりも多い要望が出てきたことなどから、地元負担の軽減を早期に図る上でも、地域振興基金を充当して集中的にLED化に向けて取組むこととした。今後、各行政区等へ意向調査を行う予定としているため、あわせて周知していく。
(質問)
平成25年度で事業が終了するということか。
(回答)
平成26年度以降についての方針はまだ決定していない。

【報告事項】
1.島根あさひ社会復帰促進センターからの逃走等にかかる市の行動計画について
受刑者又は被疑者が脱走した場合を想定した行動計画について、情報伝達の内容や方法等について見直しを図ったことについて報告。
(質問)
もし逃走があった場合、地元から消防団等による捜索の要請が考えられるのか。
(回答)
促進センター職員及び警察により捜索を行う。
(質問)
山ノ内梨園では構外作業が行われているが、山ノ内地区には屋外スピーカーが設置されていない。周知の対応はどうするのか。
(回答)
警察のパトカーによる周知は当然のことながら、促進センターの自動車にもスピーカーを積んで対応する。

【その他】
1.地域健康づくり推進事業について
健康への意識を高め、心も体も元気で長生きができる地域を作ることを目的に、旭やすらぎの郷と協力して運動療法と音楽療法を取り入れた健康プロジェクトを実施することを報告。
(質問)
特になし。

2.旭自治区の農地を守るための新たな事業について
今年度行うこととしている農道・河川管理道の舗装事業及び水稲の基幹作業を受託する会社を設立するための支援事業について、現在の進捗状況について報告。
(質問)
水稲受託組織会社設立支援事業について、会社が行う水稲の基幹作業とはどの程度のものか。
(回答)
荒起し、代かき、防除、刈り取りを受託することとしている。草刈り等の維持管理は地権者に行なっていただく。
(質問)
個人的にお願いしている方については、今までどおり頼んでもいいのか。
(回答)
今までどおりで構わない。個人の領域を侵すことはしない。
(質問)
舗装事業について、旭自治区全体で取組むとするとかなりの予算が必要と思うが。
(回答)
旭自治区の地域振興基金事業の目玉として考えている。平成27年度までに要望に応えられるよう進めていく。

3.米軍機とみられる低空飛行による騒音の状況について
旭支所屋上に設置した騒音測定器の測定実績について報告。
(質問)
特になし。

結論

1.浜田市IT懇話会委員の推薦について
・大屋委員を選出することで了承。
2.浜田市行財政改革推進委員会委員の推薦について
・芳川委員を選出することで了承。
3.今後の防犯灯整備に係る対応について
・承認。
4.島根あさひ社会復帰促進センターからの逃走等にかかる市の行動計画について
・了解
5.地域健康づくり推進事業について
・了解
6.旭自治区の農地を守るための新たな事業について
・了解
7.米軍機とみられる低空飛行による騒音の状況について
・了解
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る