このページの本文へ移動

平成25年度第1回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2013年04月17日 09時30分~ 12時00分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支所 3階 中会議室
議題 (1)浜田市地域公共交通活性化協議会委員の推薦について
(2)火葬場整備方針(案)について
(3)浜田市における公共施設の見直しの必要性について
(4)自治区制度の再検証について
(5)浜田市まちづくり総合交付金制度の改正について
(6)緊急通報装置(サスケ)の利用拡大について
(7)平成25年度農林関係補助事業等について
(8)農道舗装について
(9)浜田高等学校今市分校施設利活用の検討提案について
(10)その他
   (1)旭統合小学校建設事業計画工程について
   (2)平成25年度旭自治区地域担当職員の配置について
   (3)民生児童委員の改選について
公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

【確認事項】
1.委員の変更について
南高台自治会から推薦されていた委員が市外へ転出されたことに伴い、新たな委員を推薦決定したことについて報告。
旧:定松克明委員 ⇒ 新:尾崎忠士委員

【協議事項】
1.浜田市地域公共交通活性化協議会委員の推薦について
現委員が平成25年3月31日をもって任期が満了となることに伴い、次期委員の選出について協議。
(質問)
特になし。

【報告事項】
1.火葬場整備方針(案)について
パブリックコメント等を踏まえ、整備方針をまとめたことについて報告。
(意見)
方針案に高速道路の開通により移動時間の短縮とあるが、葬送行為に高速道路の走行を前提にするのは如何なものか。

(意見)
市民の声がパブリックコメントを通じて良い結果を生んだと思う。これからも意識的に市民の声を行政に届ける動きをしていただきたい。

(意見)
「次期計画には地理的条件や住民の利便性から時間、距離の公平性に着目した場所への施設を検討」という箇所が追記されたことは進展があった。

(意見)
地形を理解せずに決定していくやり方は見直していただきたい。

2.浜田市における公共施設の見直しの必要性について
複数存在する類似施設において、老朽化等により維持管理コストが高くなってきており、今後迎える厳しい財政状況に追い打ちをかける存在になりかねないため、統廃合を中心とした再配置について検討していくための方針内容について説明。
(質問)
理解は出来るが、決定の際には住民へ事前に相談があるのか。
(回答)
皆さんに意見を聞いて決定をする。

(質問)
公民館は人づくりの拠点でもあるため、整理・統合をしないように配慮していただきたい。
(回答)
市全体で調整を行うことが必要であると考える。

(質問)
生活改善センターも該当するのか。
(回答)
該当する。

(意見)
旭の住民には重要な拠点施設であるため、継続して維持をしていただきたい。
(回答)
人口が減る中で現状を維持する必要があるのか、少しでも施設を減らして妥協するのかを議論していく必要がある。本当に必要であれば声を上げていくことも検討していただきたい。

3.自治区制度の再検証について
平成28年度以降の自治区制度の検討に向けた基礎資料とするため、再度、市民アンケートを行うなどの検証を行なっていくことについて報告。
(質問)
あくまでも行政側としての検証ということか。議会側の動きはないのか。
(回答)
行政としての検証であり、以前の検証の際に行わなかった市民アンケートを新たに取り組む。議会については、行政側からの意見聴取などを検討している。

(質問)
市民アンケートはどういった方法をとるのか。
(回答)
全市を対象に1,500人程度を無作為に抽出して行う予定としている。

(質問)
人口密度に応じた配布数とならないようにお願いする。
(回答)
方法は今後検討する。

4.浜田市まちづくり総合交付金制度の改正について
平成25年度からの見直しについて、変更点などを報告。
(質問)
協賛金は一切対象外となるのか。また、積立金は制限をされたが、経過措置はあるのか。
(回答)
協賛金は金額の大小なく対象外である。積立金はあくまで原則としているため、担当係へ相談をしていただきたい。

5.緊急通報装置(サスケ)の利用拡大について
利用拡大を図るため、利用負担額を一部見直したことについて説明。
(質問)
利用希望については、民生委員が調査されるのか。
(回答)
市民福祉課で随時受け付けている。

6.平成25年度農林関係補助事業等について
農林関係で計画している各種補助事業について説明。
(質問)
支障木除去事業において、伐採木は産廃に出さなくて良いのか。また、伐採となれば講習を受けた業者が望ましいと思うが。
(回答)
他への影響が及ばない範囲で処理していただいて良い。また、伐採は講習を受けた作業員がおられるところへ依頼していただきたい。

7.農道舗装について
昨年度は地域自らが主体となって行うことに対する補助として対応してきたが、平成25年度は国の補助対象として取り組むことが可能となったため、国の補助対象要件に合うものは浜田市の直接工事による対応としたことを説明。
(質問)
特になし。

8.浜田高等学校今市分校施設利活用の検討提案について
閉校となった浜田高等学校今市分校施設について、旭自治区遊休施設活用検討会議により後利用を検討され、公民館や図書館などを組み合わせた複合的な施設として活用するように提案を受けたことを報告。
(質問)
特になし。

9.その他
(1)旭統合小学校建設事業計画工程について
平成28年4月開校を目指している旭統合小学校の建築について、今後の予定を説明。
(意見)
特になし。

(2)平成25年度旭自治区地域担当職員の配置について
各まちづくり推進委員会単位に配置している地域担当職員について、平成25年度の担当者を報告。
(質問)
特になし。

(3)民生児童委員の改選について
任期が今年の11月末までとなっているため、現在意向調査を行なっていることを報告。
(質問)
意向調査がいつもより早いのは何故か。
(回答)
県への報告時期が早くなったことによる。

結論

1.浜田市地域公共交通活性化協議会委員の推薦について
・藤本静晴委員を推薦することで了承
2.火葬場整備方針(案)について
・了解
3.浜田市における公共施設の見直しの必要性について
・了解
4.自治区制度の再検証について
・了解
5.浜田市まちづくり総合交付金制度の改正について
・了解
6.緊急通報装置(サスケ)の利用拡大について
・了解
7.平成25年度農林関係補助事業等について
・了解
8.農道舗装について
・了解
9.浜田高等学校今市分校施設利活用の検討提案について
・了解
10.その他
(1)旭統合小学校建設事業計画工程について
・了解
(2)平成25年度旭自治区地域担当職員の配置について
・了解
(3)民生児童委員の改選について
・了解

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る