このページの本文へ移動

平成25年度第3回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2013年09月30日 14時00分~ 16時40分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支所 3階 大会議室
議題 (1)8月23日からの大雨による被害状況について
(2)自治区制度に関するアンケート調査結果の中間報告について
(3)木田小学校校舎の後利用について
(4)平成26年4月以降の霊柩車利用料金の変更について
(5)浜田市議会報告について
   (1)浜田市旭温泉あさひ荘条例について
   (2)浜田市災害復興室の設置について
(6)その他
公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

【報告事項】
1.8月23日からの大雨による被害状況について
旭自治区の被害状況及び災害復旧支援制度について報告。
(質問)
今回の災害では5ヶ所の避難所の設置があった。この選定はどのように決定されたのか。
(回答)
避難所には多数を収容する収容避難所と一時的に避難をする一時避難所とがある。今回は避難警戒雨量に達した時点で開所することとしている初動開所避難所に指定しているところを開所し、自主避難を促す無線放送を行った。

(質問)
住民から開設された避難所は遠くて行けないといった意見が多かった。広範囲な地区で1ヶ所という設置は検討していただきたい。
(回答)
1ヶ所に集約する意味での開所ではなく、警戒活動など職員や消防団員の活動拠点としての位置付けとしているため、皆さんには近くの安全な場所を選択して避難していただきたい。

(質問)
災害復旧支援について、田は補助があるが畑はどうなのか。
(回答)
傾斜と面積により補助対象となる場合がある。

2.自治区制度に関するアンケート調査結果の中間報告について
アンケート調査の集計状況について報告。
(意見)
自治区制度に無関心な人が多いことを改めて心配する。

(意見)
アンケートのまとめ方で「見直しが必要」と「必要と思わない」の合計数値が「現行のまま存続」を上回っているという説明があるが、如何なものかと思う。

(意見)
合併前後の比較ではすべての自治区において「変わらない」の回答が多かった。これは、自治区の有効性の評価だと思うため、詳しい設問があればより良い分析ができたと思う。

3.木田小学校校舎の後利用について
平成25年3月末で閉校となった学校の後利用について、国庫補助事業を導入して「食」をキーワードとした地域交流拠点施設として活用していくように進めていることについて報告。
(質問)
浜田高等学校今市分校の後利用との関連はどのように考えているか。旭自治区全体で総合的に進めていくといったビジョンはあるか。
(回答)
地域が進めていくことに関しては、行政として可能な範囲で支援していく。廃校利用の問題は木田地区だけでは無いため、自治振興課と連携して進めている。

(質問)
木田公民館との関係をどのように整理されるか。
(回答)
校舎内に移転することを考えている。

4.平成26年4月以降の霊柩車利用料金の変更について
平成21年4月から5年間は旭自治区独自の利用料金としていたが、平成26年4月からは一般貨物自動車運搬事業(霊柩)の基本料金に準じた料金に変更となることについて報告。
(質問)
起点が変更とあるが、旭自治区内はすべて10km以下の区分に該当となるのか。
(回答)
浜田医療センターに行くことが多いと思われるため、これまでより距離が長くなる方や短くなる方も出てくる。

(質問)
浜田市内は一律の料金となるのか。
(回答)
若干の違いはあるが、基本は国土交通省の基準に沿っている。

5.浜田市議会報告について
(1)浜田市旭温泉あさひ荘条例について
あさひ荘を改築することに伴い、条例の改正を行なったことについて報告。
(質問)
県道及び裏山からの流水等が気になるため、今回の工事に合わせて周辺の環境整備も行なっていただきたい。
(回答)
今回の大雨で被災したため、9月補正で約2,000万円の災害復旧費の予算を確保している。その中で温泉公園の排水路、敷地内の側溝整備も計画している。

(2)浜田市災害復興室の設置について
平成25年8月23日からの大雨による災害復旧を迅速に対応するため、災害復興室を設置したことについて報告。
(質問)
特になし。

6.その他
(質問)
図書館について、祝日に休館日が重なった時、翌日が休館日となることが広報されていなかったように思うが。
(回答)
ホームページには掲載していたが、広報誌には掲載していなかった。広報誌に掲載するように検討する。

(質問)
自主防災組織を立ち上げた場合、市が加入している自治会活動保険の対応は可能か。
(回答)
自治会の活動として該当するかどうかによるため、一般の方の避難等に適用は難しい。防災組織としての保険加入を検討していただきたい。

(質問)
今回の災害時に、旭支所へ電話したがなかなか繋がらなかったという声を聞いたが。
(回答)
旭支所は3回線あり、全部が塞がると待ちの状態になる。決して支所に人がいないために出られなかったということではない。

結論

1.8月23日からの大雨による被害状況について
・了解
2.自治区制度に関するアンケート調査結果の中間報告について
・了解
3.木田小学校校舎の後利用について
・了解
4.平成26年4月以降の霊柩車利用料金の変更について
・了解
5.浜田市議会報告について
(1)浜田市旭温泉あさひ荘条例について
・了解
(2)浜田市災害復興室の設置について
・了解
6.その他
・了解
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る