このページの本文へ移動

平成22年度第7回弥栄自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2011年01月20日 18時30分~ 21時00分
開催場所 浜田市弥栄町長安本郷544-1
弥栄会館 大研修室
議題 1 報告事項
(1)平成22年12月浜田市定例市議会議案概要について
(2)地域振興基金残高について
(3)中期財政計画の見直しについて
(4)地区まちづくり推進委員会について
(5)浜田市生活路線バス「弥栄野原線」について
(6)杵束出張所について
(7)その他
2 協議事項
(1)平成23年度弥栄自治区主要事業計画について
 
公開・非公開 公開

主な意見

1 報告事項
(1)平成22年12月浜田市定例市議会議案概要について
(質問)平成21年度決算認定の付帯意見の主な内容は。
(回答)付帯意見の資料を持ち合わせていませんので、後日郵送します。(休憩中に配布した。)
(質問)職員給与の自治区間の調整状況は。
(回答)給与全体は下がっていますが、格差は埋まっていると理解しています。また、この後の中期財政計画で改めて説明させていただきます。
(質問)この資料は協議会のために作った資料なのか。
(回答)平成20年10月までは口頭で説明していましたが、これ以降、資料を作成して説明しています。
(質問)寿光苑改修予算の取り下げに伴い、議会軽視ととられ、新年度予算要求では厳しくなることも想定されるが、何か新年度予算に反映できるような確約を議会としているのか。
(回答)全改築に向け理解が得られるよう努めていきます。

(2)地域振興基金残高について
(質問)CATV加入促進事業は、今年度も実施しているのか。
(回答)CATV整備事業は完了していますが、加入促進事業は、次年度に補助していますので今年度ということになります。
(質問)償還金は毎年度ないのか。
(回答)額は変動しますがあります。

(3)中期財政計画の見直しについて
(意見・質問なし)

(4)地区まちづくり推進委員会について
(意見)委員の報酬は検討していないのか。
(回答)まだ1回しか会議をしておりませんが、その時にはボランティアでお願いをしておりました。現在、改めて検討する中では報酬を出せられるようにしたいと考えています。

(5)浜田市生活路線バス「弥栄野原線」について
(意見・質問なし)

(6)杵束出張所について
(質問)増員する者の給与は、公民館職員の給与と違いがあるのか。
(回答)ありません。
(質問)公民館に業務が増えるとなると、守秘義務が求められると思うが。
(回答)一番心配されていることだと思いますので、当然指導に努めて参ります。
(質問)今後、公民館が地域の核となると思う。現在務められている職員の賃金はかなり抑えられている感じがする。また、開館日は毎日となるのか。
(回答)地区まちづくり推進委員会でも説明しましたが、各公民館に事務員を1名増員配置します。それとは別に、杵束公民館には、更に1名増員するということです。従って、杵束は3名体制になります。公民館は毎日とはなりませんが、1名は窓口業務として月曜日から金曜日まで毎日勤務してもらいます。
(質問)施設の用途変更は、補助金や目的変えなど大丈夫なのか。
(回答)補助金は期間を超えており、福祉施設に対して公民館が入るということも反していないと認識しています。

(7)平成22年国勢調査浜田市人口速報集計結果について
(意見・質問なし)

(8)その他(総合振興計画後期計画・過疎地域自立促進計画・国土利用計画の配布。)
(意見・質問なし)

2 協議事項
(1)平成23年度弥栄自治区主要事業計画について
-自治振興課分-
(意見)神楽まつりの時に弥栄会館トレーニングセンターのステージ裏が狭いので検討してもらいたい。
(回答)昭和58年竣工しています。元々は田地だったので大規模な改修はできないと思っていますが、産業課と共に検討してまいります。
(質問)通学助成の実施時期は。返済はどうするのか。
(回答)議会を経てからで、新年度以降になります。補助なので返済はありません。
(質問)対象学年は。
(回答)高校生なら新年度の1~3年生です。
(質問)住みよい集落づくりは、駐車場舗装は補助対象となるのか。
(回答)対象となります。
(質問)住宅補助は、選考基準を設けるのか。また、具体な経済活性化とは。
(回答)地元の方でもUIターンでも対象になります。経済効果は、地元建設業者と契約された場合のことで、更に子育て世代なら優遇措置を図ります。
(質問)人数制限とか出てくるのか。
(回答)予算の範囲内で実施して行きますが、基本的には、弥栄自治区内の建築ならどなたでも補助対象となります。先ほど説明しましたように、3段階の補助区分をもっていきます。
(質問)住みよい集落づくりの集会所新築に具体的な数字が出ているが、この範囲でしかできないのか。
(回答)単年度で平均的な予算を見込んでいる数字です。従いまして、平成24年度以降も要望があれば要求してまいります。
(意見)防災まちづくりは、消防倉庫と詰め所が離れていたり、施設自体が老朽化している班があるので検討していただきたい。
(回答)かなりの数があるので、現在消防署と優先順位を定めている最中です。
(質問)集落づくりの集会所改修補助は全額出るのか。
(回答)全市事業の1/3と集落づくり1/3で、2/3にしたいと考えています。補助上限は合計100万円にしていきます。
(質問)新築は。
(回答)集落の世帯数によって変動しますが、建築面積に対して定額補助を考えています。
 

-市民福祉課分-
(質問)敬老事業で、参加者が増え会場が狭くなっているが。
(回答)年々対象者が増えています。今のところ他の会場はないので理解ください。
(意見)敬老事業で、会場の机が少ない気がする。また、イスも出した方がいいのでは。
(回答)敬老会だけで備品を揃えることは困難に思われますので、現在あるものを使って、できるだけのことをして行きたいと思います。
 

-建設課分-
(意見・質問なし)
 

-産業課分-
(質問)特産品貸付金は、返済方法、利率、対象者等は。
(回答)個人が対象で、貸し付けた翌年度から無利子の償還になります。
(質問)体験村割引入浴券の状況は。
(回答)平成21年度で3,000枚配布して2,069枚で69%です。今年度は12月時点で、2,650枚配布して1,432枚です。
(質問)市人会は、旧市町村単位ではなく統合するようなことは出てきていないか。
(回答)今のところないと思います。
 

-教育部弥栄分室分-
(意見・質問なし)
 

-弥栄診療所分-
(意見・質問なし)

結論

1 報告事項
(1)平成22年12月浜田市定例市議会議案概要について
・理解する。
(2)地域振興基金残高について
・理解する。
(3)中期財政計画の見直しについて
・理解する。
(4)地区まちづくり推進委員会について
・理解する。
(5)浜田市生活路線バス「弥栄野原線」について
・理解する。
(6)杵束出張所について
・理解する。
(7)平成22年国勢調査浜田市人口速報集計結果について
・理解する。
(8)その他(総合振興計画後期計画・過疎地域自立促進計画・国土利用計画の配布。)
・後日、各自で確認する。
2 協議事項
(1)平成23年度弥栄自治区主要事業計画について
・承認する。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る