このページの本文へ移動

平成19年度第6回三隅自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2008年03月19日 18時30分~ 21時00分
開催場所 浜田市三隅町1434番地
浜田市三隅支所 分室3階 資料室
議題 1.会長あいさつ
2.地区まちづくり推進委員会設置にかかる地域協議会の方針について
3.その他
(1)職員の地域担当制度の改正等にかかる協議会からの意見について
(2)その他
公開・非公開 非公開

会議の目的、概要

 平成19年度第6回三隅自治区地域協議会は、協議会の内部協議を行うことを目的に、委員のざっくばらんな率直な意見交換を行うため、浜田市情報公開条例第7条(5)により非公開とした。
主な内容は、地区まちづくり推進委員会設置にかかる地域協議会の方針について協議した。
会議の次第は概ね次のとおり。
(1)「新しい住民自治組織によるまちづくりシステム構築の必要性」の説明
今回新たに地域協議会委員になった方もいることから、事務局が前回の委員で検討してもらための参考資料として作成した「新しい住民自治組織によるまちづくりシステム構築の必要性」の内容及びその後の地域協議会での協議経過について説明した。

(2)委員の意見交換
協議会委員が、地域の状況や地区まちづくり委員会設置に関する考えなどを出し合い、ざっくばらんに協議した。

(3)職員の地域担当制度の改正等にかかる協議会からの意見について
職員の地域担当制度を実施しているが、その制度も、地区まちづくり推進委員会設置や活動に関わることができるような制度に変える考えもあることを、前回、第5回協議会で説明したが、改正する内容について、協議会委員からの要望を求めた。

結論

会議は、午後6時30分から9時過ぎまで活発な意見交換を行った。
その結果、各地区のコミュニティ組織の規模や力量、あるいは地域課題も異なっていることから、組織機能が同じ「地区まちづくり推進委員会」を設置することは難しいが、いわゆる、助走期間を設けながら、地域協議会委員が先頭にたって、組織の設立に努力してみようということで意思確認をした。
また、必要に応じて、各自治会長にも、こうした組織を設立する考えがあることを周知して欲しいという要望も出された。
以上のように、委員の協議の結果、概ねの方向性を確認できたことから、次回の地域協議会では、地区まちづくり推進委員会設立に向け、地域協議会委員がリーダーとなって努力するということを自治区長にも伝えることとなった。
なお、職員の地域担当制度の改正にかかる要望については、第5回協議会で事務局から出した案のとおりでよいという意見も出されたが、次回の地域協議会で具体的に出していただくことを依頼し散会した。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る