このページの本文へ移動

平成23年度第1回三隅自治区地域協議会

  • 印刷する

開催日時 2011年06月09日 18時30分~ 20時30分
開催場所 浜田市三隅町三隅1434
浜田市三隅支所3階 集会室
議題 1.会長あいさつ
2.自治区長あいさつ及び近況報告
3.(仮称)浜田市立三隅図書館建設予定地の変更について
4.学校給食施設の統合問題について
5.地区まちづくり推進委員会について
6.その他
(1)三隅生活路線バスの運行実績について
(2)その他
公開・非公開 公開

会議の経過、主な意見、質問及び協議結果等

1.会長あいさつ

会議開催にあたってのあいさつ
※質疑等なし

2.自治区長あいさつ及び近況報告

<要約>

  1. 災害について
    東日本大震災、4月に発生した火災、5月11日の大雨等への対応について説明
  2. まちづくりについて
    まちづくり総合交付金を有効に活用して欲しい旨を説明
  3. 予算について
    当初予算および6月補正予算について概要を説明

3.(仮称)浜田市立三隅図書館建設予定地の変更について

安全上の観点から建設予定地を変更する旨を担当課長から説明し、委員一同の了承を得た。

<質問>駐車場の面積・スペースはどの程度確保するのか。
<回答>今回の変更で既存の駐車場を40区画占用する。この数に相当する駐車場を従前の予定地に確保する予定だが、費用の面から、全てを確保するのは難しい。

4.学校給食施設の統合問題について

財政面、危機管理面、全市的な観点から、この問題について仕切りなおし、改めて取り組んでいく旨を担当課長から説明し、委員一同の了承を得た。

<質問>浜田と金城の2箇所に統合することも白紙になったのか。
<回答>それを含めて検討する。

<質問>弥栄の独自方針は市議会でもかなり追及されていた。そうすると、全域で統合を考えることになるのか。もう少し急いだほうが良いのではないか。
<回答>弥栄の地産地消の問題は、三隅とも共通する話で、どちらも理解を得られにくい部分ではある。できるだけ地域と話をしながら、より良い解決策を見つけたい。PTAとの話の中で、アレルギー対策、食育問題、配送リスクの3点を解決する必要性が見えてきた。これらをひとつずつ解決していきたい。

<質問>この統合問題の責任の所在はどこにあるのか。
<回答>この問題については、市長の指示により、財政課、教育委員会などが協力して解決にあたることになっている。

<質問>PTAとしては前記の3つの問題点を解決したら統合しても良いという考えなのか。
<回答>3つをクリアしたら統合しても良い、とは聞いていない。しかし、相当議論を尽くしたので、基本的にはそのように考えている。

<意見>PTAの役員について、2~3年程度継続して対応してもらえる方法を検討したらどうか。 

5.地区まちづくり推進委員会について

まちづくり委員会の事業計画・予算等について、各地区から発表し、委員間での質疑応答を行った。

<質問>三保地区ではまちづくり委員会と連合自治会の両方があるが、どちらの規約をどのように改正したのか。また、まちづくり委員会の会長と、連合自治会の会長の位置づけはどのようにされているか。
<回答>連合自治会も必要だが、まちづくり委員会で集約できる事はそちらになるべくまとめていくという方向性だ。また、理事会を組織し、少人数で連合自治会と似た形で議論ができるようにした。

<意見>まちづくり委員会には自治会が参加しているが、どこまで参加するかという問題がある。あまりに多くなると、物事が決まらない。また、各自治会でつくる地域計画書と、まちづくり委員会でつくる地域計画書の整合性の問題もある。

<意見>総合交付金を出すにあたって、計画書を策定するようになっている。地域計画書については、最終的にはまちづくり委員会に集約すべきと考える。ただ、様々な問題を解決する必要があり、とても1,2年では難しい地区もあると感じた。

<意見>まちづくり委員会を結成する際、屋上屋の組織ではないということを確認した。様々な団体の接着剤となる組織にしていきたい。

6.その他

(1)三隅生活路線バスの運行実績について

平成22年度の生活路線バスの実績について、乗車数が減少した理由、収支率の改善などを自治振興課から説明した。 ※質疑等なし

(2)その他

<質問>先般、中国電力から9億3千万円の寄付があった。この管理・運用について教えて欲しい。また、寄付金の使途について、地域協議会委員と行政で連携して計画することはできないか。
<回答>寄付金は浜田市のまちづくり基金として管理している。市長は、電源立地地域に配慮した使い方をしたい、という答弁をしている。ただし、三隅でいくら使える、という保証はなく、この場で9億3千万をどう使うか検討する、という話にはならないと考える。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る