このページの本文へ移動

平成21年度第1回定期監査報告書(平成21年6月19日公表)

  • 印刷する

平成21年度 第1回定期監査の結果 

1 監査の対象
 企画財政部 財政課
 市民福祉部 くらしと環境課、廃棄物リサイクル課
 議会事務局
 選挙管理委員会事務局
2 監査の範囲 平成20年度に属する支出、契約等財務に関する事務等
3 監査の期間 平成21年4月17日から平成21年5月27日まで
4 監査の方法 監査に当たっては、財務事務が適正に執行されているかどうか、並びに市の事務が合規的、経済的、効率的及び有効的に執行されているかどうかを主眼として実施することとし、抽出により関係書類を検査照合するとともに、関係職員から説明を聴取した。
5 監査の結果 次に述べる事項を除いておおむね適正に処理されていた。 

市長部局

1 総括

1 指摘事項
1)契約について
ア 長期継続契約ができる契約を、単年度契約としているものがあった。事務の効率化のため、長期継続契約への切り替えを検討されたい。
  なお、単年度契約では随意契約が可能な契約金額であっても、長期継続契約とする場合は、契約期間の総額で随意契約の可否を判断することに注意されたい。
 
イ 2者から見積書を徴して契約の相手方を決定しているものがあった。
浜田市契約規則第23条では、2者以上のものから見積書を徴するものとされているが、多くの事業者が請け負うことができる内容であれば、できるだけ多くの事業者から見積書を徴して契約の相手方を決定されたい。
  なお、2者からの見積書で契約の相手方を決定した場合は、その事業者の選定理由を明確にしておかなければならない。
 
ウ 随意契約を締結するため事業者に見積書の提出を求めるとき、見積書の開封日よりも前に提出期限を設定しているものがあった。この場合、提出期限から開封時までの間、見積書の厳重な管理が必要になることから、提出期限の設定は開封日とするよう見直しを図られたい。
 
エ 契約書に記載してある契約者が「浜田市」、また甲欄が「浜田市殿町1番地 浜田市 浜田市長 宇津徹男」とされていないものがあった。管財課が情報提供している標準契約書を参考にされたい。
2)補助金の交付事務について
    補助金の交付事務について、交付申請および実績報告の提出が遅いものがあった。補助金等の交付を受ける団体へは、浜田市補助金等交付規則等にそった手続きをするよう指導されたい。
また、交付申請および実績報告を受けた場合は、支部等への助成金等も含めて、内容をよく精査し適正な交付事務に努められたい。 

2 個別意見

1 財政課
1)指摘事項
ア 財務会計システム保守委託契約
(ア)浜田市契約規則第22条による予定価格調書が作成されていない。
 
(イ)契約締結後の、契約締結の報告がされていない。 
2 くらしと環境課
1)指摘事項
  ア 犬の鑑札及び狂犬病予防注射済票交付業務委託
    集合注射における推薦獣医師の派遣業務委託
地方自治法施行令第167条の2第1項第2号を根拠に随意契約を締結しているが、その理由が明確に記載されていない。
 
  イ 側溝等消毒業務委託
  (ア)請負者から提出された実績報告書に、請負者の印がない。
 
(イ)見積書の積算内訳に、一部計算が合わない箇所があった。
 
  ウ 浜田市消費者問題研究協議会補助金
    確定前の見込額の決算書で精算処理されていた。 
3 廃棄物リサイクル課
1)指摘事項
  ア 浜田浄苑管理人業務委託
    平成20年度は1人体制、21年度から2人体制で管理業務を行っているが、契約書に記載されている委託内容では1人当たりの拘束時間は相当なものと考えられることから、管理体制の見直しを図るよう努められたい。
 
  イ 浜田浄苑床清掃及び害虫駆除業務委託
同一内容の業務委託契約を、地方自治法施行令第167条の2第1項第1号の規定により年度内に2回締結している。
年間計画で同一の業務を年度内に2回委託することが明らかであれば、契約を年1回とし、契約金額から競争入札を執行されたい。
 
  ウ 浜田市不燃ごみ処理場及び浜田浄苑ダイオキシン類等各種検査測定業務委託
契約書第11条(履行遅滞の場合における延滞金)の利率が、当該年度の政府契約の支払遅延防止等に関する法律の準用による利率よりも低く契約を締結している。
 
  エ 浜田市指定ごみ袋(20年度販売分)製作委託
(ア)予定価格調書に記載されている消費税抜き及び消費税込みの予定価格が、それぞれ2段書になっている。決裁権者以外の者が予定価格調書に価格の書き込みをするのは不適切である。
 
(イ)平成21年度からごみ袋等の値上げによりごみ袋及び粗大ごみシールが切り替わったことから、販売価格で3,100万円余りの旧ごみ袋等が在庫として残っている。
廃棄物リサイクル課として、一般廃棄物の減量化及び再資源化の観点から、現在販売しているごみ袋等との差額を加算することによる旧ごみ袋等の再販売も含め、旧ごみ袋等の有効活用を図られたい。
 
オ 古着・古布処理委託
(ア)地方自治法施行令第167条の2第1項第2号を根拠に随意契約を締結しているが、他者との具体的な比較などの記載がないため、随意契約とする理由が希薄である。
 
(イ)浜田市契約規則第22条による予定価格調書及び第23条による請負事業者からの見積書がない。
 
(ウ)契約期間を平成21年3月31日までとして契約を締結しているが、事業完了前に業務委託料が支払われている。契約書の規定では事業完了前に委託料を支払わなければならない場合があることから、契約期間について検討されたい。
 

浜田市議会

1 議会事務局
1)指摘事項
ア コピー機賃貸借
    旧コピー機から現在使用しているコピー機への更新時、契約伺いに機種選定の明確な理由が記載されていない。
    また、浜田市全体で共通してリースできる物件については、本庁管財課での一括契約とし、経費削減と事務の効率化に努められたい。
 
イ 議長公用車修繕料
収入印紙が貼り付けられていなかった。印紙税法を確認し、必要税額の収入印紙を貼り付け、消印をされたい。 

浜田市選挙管理委員会

1 選挙管理委員会事務局
   指摘事項はなかった

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る