このページの本文へ移動

島根県と松江気象台からの「土砂災害警戒警報」のお知らせ

  • 印刷する

 島根県と松江地方気象台が共同で、土砂災害発生のおそれを予測して、市町村単位毎に土砂災害情報を発表します。
 テレビやラジオ、また市からも皆さんにお知らせします。
 土砂災害から「家族やあなたの生命」を守るため、がけ崩れなどの土砂災害危険個所周辺に住んでいる人は、「早めの避難」の判断の目安として活用してください。

早めに自主避難をしましょう。

土砂災害警戒情報は、確実に土砂災害が起こることを前提として発表するものではありません。早めの自主避難の結果、何も起こらなかったということもあります。しかし、何か起こってからは遅いのです。 隣近所が避難していないから「大丈夫」ではなく、避難勧告などが出ていなくても、隣近所、声をかけあって早めに自主避難しましょう。

県では詳細を公開しています。

気象情報等リンク集を参照してください。

●県のホームページでは、より詳細な情報として、危険度(レベル)を公開しています。

問い合わせ先
県土木部砂防課(TEL 0852-22-6261)
松江地方気象台(TEL 0852-22-3784)

自主避難の目安

レベル1

3時間先の予測雨量で基準を超える状況
避難準備を行うとともに、避難に時間のかかる人は避難を開始する状況です。

レベル2

2時間先の予測雨量で基準を超える状況
「土砂災害警戒情報」が発表される状況です。土砂災害の恐れのある場所では避難を開始すべき状況です。

レベル3 

1時間先の予測雨量で基準を超える状況
早急に避難を完了してください。

レベル4

既に実況で基準を超えている状況
いつ土砂災害が発生してもおかしくない状況です。避難をしていない人は斜面などからできるだけ離れるなどの行動をとってください。

自主避難の目安


市内の指定水防警報河川
水防警報河川とは、洪水時に相当な被害が起きるおそれのある河川です。洪水によって災害が起こるおそれがあり、水防団(消防団)を出動させる警戒水位などに達したときは、県は水防警報を発して警報事項を関係機関に通知します。
指定水位(各水防機関が準備する水位で水防団(消防団)の待機となる水位)
下府川(府中橋)   2・1m
浜田川(浜田大橋)   1・1m
周布川(中場)   2・0m
三隅川(三隅)   2・5m
警戒水位(水防団が出動し警戒にあたる指標となる水位)
下府川(府中橋)   3・6m
浜田川(浜田大橋)   1・6m
周布川(中場)   2・6m
三隅川(三隅)   3・0m
特別警戒水位(避難の目安となる水位/水防法改正 平成17年7月1日)
下府川(府中橋)   4・7m
浜田川(浜田大橋)   1・7m
周布川(中場)   3・0m
    ※1(2・7m)
三隅川(三隅)   5・3m
※1 吉地地区にかかる特別警戒水位

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る