このページの本文へ移動

郵便による戸籍謄抄本等の交付申請

2018年 8月 2日

  • 印刷する

 郵便で戸籍謄抄本等を請求する場合の方法について説明します。

申請書を自宅で印刷できない人は
 ⇒ コンビニプリントサービスのご案内

◆必要書類等

 
(1)申請書   >>>申請書
 必要事項を記入してください。 >>>入例
  ※お手持ちの便箋やお近くの役場の様式でも構いません。
(2)手数料:定額小為替(郵便局で購入できます。)
 (浜田市の場合)
 戸籍謄抄本                       1通 450円
 除籍・改製原戸籍謄抄本                 1通 750円
 戸籍附票・住民票・身分証明・独身証明          1通 300円
  ※切手は換金できませんので、手数料にはなりません。
(3)本人確認書類の写し
 運転免許証や健康保険証(住所の表示があるもの)などのコピー
  ※返却できませんのでご了承ください。
(4)返信用封筒
 返信先を記入し、切手を貼ってください。
  ※住民登録をしている住所にしか送付できません。
  ※請求される通数が多い場合は、返信用切手は多めに同封してください。
 
◆注意事項
 ・通常、申請書が届いた翌日には作成・送付していますが、日数に余裕を持って請求してください。(お急ぎの場合は速達をご利用ください。)
 ・本人と直系の方(親・子・孫など)以外の方が請求される場合は委任状が必要です。
            >>>委任状ダンロード(PDF103KB)   >>>記入(PDF116KB)
     ※請求理由によって、委任状は必要ない場合があります。
  ※請求する内容によっては、請求者との関係がわかる書類などが必要になります。 
 
  ※身分証明書を請求できるのは本人(または本人の委任を受けた代理人)が原則です。

 ■出生から死亡までなどの連続した戸籍が必要な場合

「出生から死亡まで」などの連続した戸籍は複数の戸籍にわたります。そのため、単に「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍謄本」とだけ記載して請求されると、必要な戸籍の一部しか取得できなかったり、必要な戸籍とは異なるものを取得してしまうことがあります。このような場合は、「○○の出生から死亡までの戸籍謄本を○組(セット)」「○○の18歳(16歳)から死亡までの戸籍謄本を○組(セット)」のように請求用紙に記載しご請求ください。

※一組当たり3,000円分の定額小為替を同封してください。手数料が不足となった場合は連絡しますので、追加で為替の送付をお願いします。余った為替はお返しします。(郵便局で換金してください)

※必要な戸籍の範囲、証明したい内容については、必ず提出先にご確認ください。(市役所ではわかりかねますので、ご注意ください)

 ■必要な住所地が記載された戸籍附票をお求めの場合

「○○市△△町××番地から△△市○○町××番地までの住所の記載がある附票」「平成○年頃に○○市△△町××番地に住んでいたことがわかる附票」というように、必要な住所地を具体的に請求用紙に記載してください。(一通で出ないこともありますのでご了承ください)

◆送付先

  〒697-8501
   浜田市殿町1番地
     浜田市役所 総合窓口課
       TEL 0855(25)9400 (直通)
関連情報
申請書を自宅で印刷できない人は(コンビニプリントサービスのご案内)
ダウンロード
申請書(441KB)(PDF文書)
申請書記入例(525KB)(PDF文書)
委任状(103KB)(PDF文書)
委任状記入例(116KB)(PDF文書)

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る