このページの本文へ移動

風圧力及び地震力の算定に用いる各種定数

2015年 10月 2日

  • 印刷する

風圧力

建築基準法施行令第87条による風圧力の算出に用いる地表面粗度区分及びV0の値は次のとおりです。 (平成12年建設省告示第1454号)

■ 地表面粗度区分は、II (告示ではローマ数字の2) 又は III (同3)

※ I (同1) 及び IV (同4)の区域は指定していません。

II : 都市計画区域外、都市計画区域内で海岸線までの距離が500m以内の地域

       (ただし、建築物の高さが13m以下である場合 又は 当該海岸線若しくは湖岸線からの距離が

   200mを越え、かつ、建築物の高さが31m以下である場合を除く。)

III : 都市計画区域内でII 以外の地域

■ V0 = 30 m/秒

 

地震力

建築基準法施行令第88条による地震力の算定に用いるZの値は次のとおりです。(昭和55年建設省告示第1793号)

■ Z = 0.9

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る