このページの本文へ移動

有料道路における障害者割引制度

2016年 3月 30日

  • 印刷する

 

対象障がい者の範囲

  1. 障がい者本人が運転する場合
    身体障害者手帳の交付を受けている人であれば、どなたでも対象になります。
  2. 障がい者本人以外の人が運転し、障がい者本人が同乗される場合
    身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けている人で、重度の障がい者

対象自動車の範囲

  1. 障がい者1人につき1台です。
  2. 自動車の所有者は本人、家族、常時介護をしてる人で、個人名義(自家用)の車に限ります。
     

手続きに必要なもの

ETCを利用しない場合

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車車検証
  3. 運転免許証(障がい者本人が運転する場合のみ)

ETCを利用の場合

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 自動車車検証
  3. 運転免許証(障がい者本人が運転する場合のみ)
  4. ETCカード(本人名義)
    ※ただし、未成年者の重度障がい者で本人以外の人の運転による割引を受け、かつ、障がい者本人が運転しての割引を受けない場合については、親権者または後見人名義も対象となります。
  5. ETCカード車載器セットアップ申込書・証明書

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る