このページの本文へ移動

浜田漁港

  • 印刷する

浜田漁港は県内唯一の特定第3種漁港で、昭和27年に第3種、昭和44年に特定第3種漁港に指定されました。
本地区の漁業は、古くから底魚資源を対象とした沖合底曳網漁業と、浮魚を対象とした中型まき網漁業が基幹産業です。
その他、一本釣、定置網漁業があり、陸揚げされる魚種は多岐にわたっています。

水揚げされる主な魚種
浜田漁港に水揚げされる主な魚種は
 ・沖合底曳網漁業
  (かれい類、のどぐろ、あんこう、いか類等)
 ・まき網漁業
  (あじ、さば、ぶり類、いか類等)
 ・一本釣漁業
  (いか類、ぶり類、貝類等)
 ・定置網漁業
  (ぶり類、あじ、いか類、さわら等)
 などがあります。

 

浜田漁港写真1  浜田漁港写真2

浜田漁港上空写真            

                         

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る