このページの本文へ移動

唐鐘漁港

  • 印刷する

唐鐘漁港は昭和27年に漁港の指定を受けました。東西に金周布・下府と2つの分港を擁し、水産物流通拠点である浜田漁港の東に位置します。
漁港周辺一帯は、浜田海岸県立自然公園地域で、観光や海水浴場としても有名です。
明治5年の浜田地震の際にできた「千畳敷」と呼ばれる畳ヶ浦があり、天然記念物に指定されています。

水揚げされる主な魚種
 唐鐘漁港に水揚げされる主な魚種は
  ・定置網漁業
   (あじ、ぶり類、さわら等)
  ・いか釣漁業
   (いか類等)
  ・一本釣漁業
   (たい類、いか類、ぶり類等)
  ・採貝藻漁業
   (さざえ、あわび、わかめ等)
 などがあります。

 

唐鐘漁港写真1  唐鐘漁港写真2

唐鐘漁港上空写真

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 水産振興課
    電話:0855-25-9520   メールアドレス:suisan@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る