このページの本文へ移動

波佐の山村生活用具

  • 印刷する

指定日:昭和47年7月28日
所在地:浜田市金城町波佐
所有者:西中国山地民具を守る会

波佐の山村生活用具

 食品製造貯蔵用具、食物調理調製用具、飲食用具を中心とした計221点の資料が有形民俗文化財に指定されている。
 平素の食事や慶弔時に使用される飲食用具、食事の材料を加工する道具や調味料を保存するための陶器など、多くの種類の用具が残されている。日常多く食べられる副食物の漬物の貯蔵用具、主要な調味料である醤油・味噌の調整用具や祝儀の席で飲まれる酒に関わる徳利、盃などの飲食用具などの例がみられる。貯蔵用具や飲食用具の中には、江戸時代から石見地方で盛んにつくられるようになる石見焼の陶器もみられる。
 石見地方の山村における伝統的な食生活を系統的に知ることができる資料であることから、貴重である。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る