このページの本文へ移動

自唐鐘浦至長浜浦海岸絵図(浜田市指定文化財)

  • 印刷する

指定日:平成9年7月11日
所在地:浜田市外ノ浦町
所有者:個人 
 

画像1


本図は、和紙に唐鐘から長浜までの海岸を描いた彩色絵図である。
外ノ浦湊を中心に、瀬戸ヶ島湊や長浜湊での廻船の入津、出帆や停泊の様子が描かれている。直浦である松原浦、浜田浦についてもその様子が絵画的に描かれて、漁業権の範囲も記載されている。
裏書に

 「文化二丑年
三月十六日 調之
佐々木八左衛門」 

 とある。(文化2年=1805年)
廻船問屋米屋で使用されたと考えられるこの絵図には、外ノ浦の地名、水深を朱書きし、外ノ浦湊を出入りする船や廻船の停泊場所、家屋等が詳しく描かれている。
近世の海事資料として貴重なものである。
◇ 縦84cm×横303cm
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る