このページの本文へ移動

伊甘神社のムクノキ(浜田市指定文化財)

  • 印刷する

指定日:昭和48年5月1日
所在地:浜田市下府町
所有者:伊甘神社 

  


伊甘神社の境内左側に、にれ科の「ムクノキ」がイチョウ(市指定)と対を成すようにそびえている。
ムクノキは関東以西に自生する落葉高木で、葉は7~10cm、互生で表裏ともザラザラしている。雌雄同株で、春5月新葉とともに開花し、秋10月頃、径1cm程度の液果をつけ、黒く熟すると甘味があり、境内に多数落下している。
伊甘神社に生育するこの神木は、幹回り胸高6m、幹は途中からおよそ三方に分枝し、樹高約20m、社殿をおおう巨木で、推定樹齢は約400年とされ、根元部分は(地上から約5m程度)大きな空洞になっている。

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る