このページの本文へ移動

 

(国際交流員 金恩志)ヨロブン、アンニョンハセヨ!(みなさん、こんにちは)

  • 印刷する
 ヨロブン、アンニョンハセヨ!(みなさん、こんにちは)国際交流員の金恩志さん                                                                                                                                                                                                                    
 4月から国際交流員として浜田市に来ました、金恩志キムオンジと申します。これから浜田市と韓国をつなげる国際交流員になれるよう頑張ります。浜田市の皆さんとたくさんお話できればうれしく思います。たくさん話かけてください!
 私の故郷は京畿道抱川市キョンギドポチョンシ、ソウルから車で北東方向に走って1時間半で行けるところに位置しています。抱川市は、山に囲まれており、キレイな水を使ったおいしいお酒、特においしいマッコリが作られる町として有名です。
 ここで少し、マッコリについてお話したいと思います。最近、マッコリが韓国や日本で、尋常ではないほどの任期です。マッコリといえば、韓国では田舎で仕事(農業)の休憩や終わりに飲んで、疲れをとるお酒として愛されました。すなわち、「庶民のお酒」のイメージが強かったのです。それが今では、健康を考える人たちを中心に広まりました。さらに麹を使って醗酵することで抗がん効果があることが発表されると、さらに人気が上昇しました。マッコリは、お米はもちろん麦や黒米などを使っても作られます。また、サイダーや果物などを一緒に入れて飲むなど、いろいろな飲み方で楽しむことができます。私のふるさと抱川市でつくられている「二東イドンマッコリ」は、地下200メートルから汲み上げた水から酒造していて、独特な甘みが特徴であることが知られています。
 韓国では、雨が降る日に食べるチヂミは、一層おいしいという風説があります。これは、雨の日は体がだるく、体が濃いものを欲しがるからだそうです。そのとき、チヂミをつまみに飲むマッコリは、合性が良いと言われています。これから雨の日は、マッコリとチヂミを楽しんでみるのはいかがですか?

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る