このページの本文へ移動

 

(国際交流員 ドナルド マルヤマ)英語豆知識

  • 印刷する
  浜田の皆さん、お久しぶりです。光陰矢の如しとよく言われますが、私が来浜して、もう1年が経ちました。その間、浜田の人たちが日常生活の中でも積極的に外国と交流しているのを目にしました。町中では海外で流行している曲を聴くこともあったり、スーパーではアメリカ産の製品も販売されたりしています。英会話教室やテレビプログラムなどの数を通してみても、浜田で英語に対する関心が高まっていることが分かります。
 私はこの英語に対する熱意はとても素晴らしいと思います。外国語を通して異なる文化や思想に触れることができるからです。特に英語は、アメリカ・南アフリカ・インド・シンガポールなどで使われ、ビジネス界や政治界の公用語としても広く活用されています。そして英語は独自の歴史や個性を持っています。
 英語はゲルマン語派に属し、現在の北西ドイツにルーツがあるとされています。そして、当初話されていた古英語は、現代語とは全く異なったものでした。5世紀ごろにブリテン島に根付いた英語は、ギリシャ語・ラテン語などの言葉を取り入れ、シェークスピアの時代に現在の形に近づき、後に大英帝国の出現により世界各地に広まりました。
 現在、イギリスで話されている英語とアメリカで耳にする英語は、書き言葉にするとほとんど同じです。しかし、話し言葉は日本の方言と同じで、地域によってイントネーションや単語がずいぶんと違います。
 特にアメリカ英語は、アメリカが人種のるつぼといわれるほどの、他民族国家であることからか、いろいろな民族の文化や言葉が混ざり、今も様々な変化をしています。
 言語は個人の思考に影響するもの、国の文化の結晶とも言われています。皆さんも機会があれば世界中の英語を聞き、いろいろな人と交流しながら視野を広げてみてはいかがでしょうか?

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る