このページの本文へ移動

 

(国際交流員 王恒)中秋節

  • 印刷する

 いよいよ月見を迎えます。家族団欒で、月餅げっぺいを食べるこの祭りは、中国人にとってとても大切な行事です。
 中国では旧暦の8月15日を「中秋節」と言います。 中国では昔、人々がお月様を敬うために、月を祀る儀式を行い、月餅が祭礼の品として供えられていました。時の移り変わりとともに、真丸くてさまざまな伝説の絵が映された月餅が、中秋節の食品や贈り物に変わってきました。月見の夜、家族が集まり、日本では団子、中国では月餅を食べます。なぜなら、月餅が満月のように真丸いからです。中国語で、「ユァン(丸い)」という漢字の一つの意味が、団欒です。そのため、中秋節が「団圆節トァンユァンジェ」とも言われています。真丸い月を見ると、自分の故郷を思い出し、帰郷できない旅人たちは故郷への想いを月に託します。
 月にまつわる伝説について、中国にもいろいろあります。日本には「かぐや姫」の物語がありますが、その原型は中国の「嫦娥じょうが月にはしる」という物語だともいわれています。
 空に十個の太陽があったとき、地上は乱れました。羿げいという弓の名手が一つを残して九の太陽を射落しました。地上が再び平穏に戻り、褒美に仙人から不老仙薬を賜りました。羿はその仙薬を妻の嫦娥に大切に保管するよう命じて預けていました。しかし羿の弟子の蓬蒙ほうもうが横取りしようと、羿が猟に出かけたときに、嫦娥に仙薬を出せと迫りました。強いられた嫦娥は、止むを得ず仙薬を自分で飲みました。すると彼女は空に浮き、月に登ってしまいました。夜に帰ってきた羿は、嫦娥を追いかけましたが、一歩追うと、彼女が登った月も一歩去り、なかなか追いつけませんでした。悲しんでいた羿は、嫦娥が好きな果物や食品などを月に向かって供え、月を愛おしく見守っていくのです。
 今年の月見は、中国の伝説を思いながら眺めてみてはいかがでしょう。

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る