このページの本文へ移動

地籍調査の概要について

  • 印刷する

地籍調査とは

 現在、法務局に備え付けられている地図の大半は、明治時代の地租改正によって作られた地図(公図)をもとにしたもので、土地の境界が不明確であったり、測量も不正確であったりする場合もあるのが実態です。

 地籍調査とは、一筆ごとの土地について、所有者、地番、地目の調査、境界の確認、地積に関する測量を行い、その結果を地図及び簿冊に作成するものです。

地籍調査によって作成された地図(地籍図)は、不動産登記法第14条で定める正式な地図として、法務局に備え付けられます。

 詳しくは、地籍調査のしおり(PDF)をご覧ください。

 地籍調査のしおり(PDF/393KB)

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る