このページの本文へ移動

森林を生かしたまちづくり

  • 印刷する

はじめに

 平成13年7月、我が国ではそれまでの「林業基本法」を大幅に変更した「森林・林業基本法」が制定され、森林や林業の政策もそれまでの「木材の生産を主体にしたもの」から「森林が持っている多面的な機能の持続的な発揮を目指すもの」に変わりました。

 国民の要請の変化と多様化、森林を取り巻く情勢の変化、国際的な動向を受け、政策が「木材の生産を主体にしたもの」から「森林の有する多面的機能の持続的発揮を目指すもの」に変わりました。

 この政策を実現するため、これからの森林をどのように管理していくのかを決める仕組みが「森林計画制度」です。
「森林計画制度」は、森林法で定められており、「森林・林業基本法」の制定とともに森林法も新しくなったため、「森林計画制度」も内容が大きく変わりました。
  特に、森林計画をつくるにあたって、「重視すべき機能ごとの森林区分」、いわゆる「ゾーニング」に基づく考え方を導入された点が大きなポイントです。

 このページでは、新しい「森林計画制度」と森林整備の考え方について説明します。
 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 農林振興課
    電話:0855-25-9510   メールアドレス:nourin@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る