このページの本文へ移動

海藻の種類と特徴

  • 印刷する

昆布
どの海藻よりもうまみ成分が多く、血圧を下げる効果があり、NO.1の海の野菜といわれています。
のり
良質のたんぱく質は、大豆以上に含まれており、血中のコレステロール値を下げ、血圧調整や肝機能向上によいといわれています。
ひじき
ストレスの多い人、貧血の人に効果があります。中でも、カルシウムが多く、干しひじき15gが牛乳カップ1杯分に匹敵するといわれています。
わかめ
野菜のようにビタミン、ミネラルが豊富です。ヌメリ成分のアルギン酸は、生活習慣病予防に役立つといわれています。
寒天
食物繊維がたっぷりで、体内の余分なコレステロールを排出し、ダイエット食として活躍しています。
もずく
フコイダンという成分を表面に分泌しているため、肥満、中性脂肪、血糖値上昇が抑えられます。

運動する人イラスト

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 地域医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:iryou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る