このページの本文へ移動

海藻の上手な選び方・保存方法

  • 印刷する

 わかめ

【上手な選び方】
○手触りがやわらかく肉厚で弾力があるもの
○水で戻したとき、緑色が濃く深いもの
○乾燥わかめは、黒褐色のもので肉厚で弾力のあるもの
【保存方法】
○生わかめ、塩蔵品は冷蔵庫に入れると10日くらいは保存できますが、風通しのよい所へつるします。乾燥わかめは缶に入れましょう。
 ○長く置くと、カビが生えたり香りが悪くなるので気をつけましょう。 
海藻について説明

 

 


 

もずく

【上手な選び方】
○磯の香りのよいものが良質
○生のもずくで、泥臭いものは古くなった証拠
【保存方法】
○生の物は保存できませんが、塩蔵品は冷蔵庫で保存できます。

もずく

 

 

 

昆布

【上手な選び方】
○干し昆布は乾燥状態が良く、一般的に緑色を帯びた黒色で光沢があり、良い香りがする肉厚のもの
○黒色が強いものは、旬をはずれて採取した物なので味が劣ります
○黄味を帯び、全体的に光沢のないものは品質の悪いものです
【保存方法】
○保存する時は、湿気の帯びないように缶に入れるか、風通しのよい所に保管します。
(注意)表面についている白い粉はうまみ成分です、カビではありません。

昆布

 

 

 

 

のり

【上手な選び方】
○青みを帯びた黒色で光沢があり、口に入れた時やわらかく、甘みに富んだ風味のあるもの
○形が整っていて穴がなく雑物の混じってないもの
○厚さが平均しており、焼いた時にきれいな「焼き色」が出るもの
【保存方法】
○保存する時は、湿気ないように乾燥剤を入れた缶に入れます(透明容器に入れない)のり

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 地域医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:iryou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る