このページの本文へ移動

主な野菜の保存方法

  • 印刷する

にんじん 水気があると腐りやすくなるので十分に乾燥させてください。
夏場は冷蔵庫の野菜室、冬場は冷暗所に保管します。
にんじんの保存方法
大根 葉のついている大根は養分をとられるのですぐ葉を切り落とします。しっかりラップをして、冷蔵庫の野菜室で保管します。
大根の保存方法
かぼちゃ 丸ごとなら10℃前後のかぜ通しのよいところで1~2ヶ月保存可能です。切ったものは種とワタをとり除きラップに包み、冷蔵庫で保管します。1週間以内で使い切りましょう。
かぼちゃの保存方法
なす 低温に弱いので常温に置き、2~3日で使い切りましょう。又は、新聞に包みポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保管します。
なすの保存方法
レタス 乾燥しないように外の葉で包み、切り口にぬらしたキッチンペーパーをあて、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。
レタスの保存方法
ブロッコリー つぼみが開くと品質が落ちるので、水洗いしないでポリ袋に入れ密封しないで、冷蔵庫の野菜室に保存する。又は、かためにゆでて冷凍するといいです。
ブロッコリーの保存方法
白菜 保存性に優れている、秋冬期は新聞に包み、冷暗所で立てて保存すれば半月は持ちます。横にすると呼吸量が増し品質の低下を招くので立てて保存します。
白菜の保存方法
キャベツ 高温のところでは呼吸作用が活発になり品質の低下になります。低温のところで葉かんしましょう。
キャベツの保存方法
トマト 完熟したトマトはポリ袋やパックのまま冷蔵庫の野菜室で保存します。青い部分が残っているトマトは、冷蔵庫に入れずに常温で追熟させます。
トマトの保存方法
ねぎ 空気を取り入れられるように葉先を新聞紙に包み、立てて保存します。調理で残ったものはポリ袋に入れて、立てて冷蔵庫に保存します。
ねぎの保存方法
たまねぎ 日の当らない風通しのよいところで吊るすのがいい保存方法です。新たまねぎは乾燥させないですぐ出荷されるので、2~3日で食べ切るのがいいです。
玉ねぎの保存方法
ごぼう 泥つきのごぼうは新聞紙に包み冷暗所に保管し、乾燥する前に使い切りましょう。洗いごぼうはラップに包み、冷蔵庫の野菜室に入れ2~3日で使い切りましょう。
ごぼうの保存方法

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 地域医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:iryou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る