このページの本文へ移動

魚の特徴

  • 印刷する

魚の栄養はどんなものがあるの?

たんぱく質
魚のたんぱく質は、消化吸収にも優れ、塩分を体外に排出する働きもあります。
脂質
魚の脂には、EPA、DHAなどの薬効のある不飽和脂肪酸が多く含まれています。
血液をサラサラにし、中性脂肪を減らす働きがあります。
青背の魚に多く含まれています。
ビタミン
ビタミンA、B群、ナイアシン、Dを多く含みます。
カルシウム
まるごと食べる魚(ワカサギ、シシャモ、シラスなど)から、カルシウムを効率よくとることができます。

いわし、かつお、まぐろ赤身や貝類などに多く含まれ、貧血を改善します。
タウリン
血圧やコレステロール値を低下させ、肝機能を向上します。
まぐろ、さばの血合いや、いか、えび、かに、かきに多く含まれます。

EPA、DHAってなに?

青背の魚に多く含まれる不飽和脂肪酸のことで、EPAは体の中の余分なコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化の予防に効果的です。また、DHAは頭の働きをよくする成分として、注目されています。
EPA、DHAはとても酸化しやすい成分なので、青菜やかぼちゃなどの緑黄色野菜やかんきつ類と一緒に摂れば、酸化を防ぐ効果があります。

魚の選び方

  • 目につやがあるか。目が透き通っているか。
  • エラは鮮やかな赤色をしているか。
  • お腹を押して弾力があるか。(あまり押すと傷みやすいので注意しましょう。)

魚の臭みはコレでさよなら

  • みそやカレー粉などで臭みを消す。
  • 酢や酒に浸けて臭みを消す。
  • 香りのある野菜と一緒に調理し、臭みを消す。

魚イラスト1 魚イラスト2

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 健康福祉部 地域医療対策課
    電話:0855-25-9311   メールアドレス:iryou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る