このページの本文へ移動

 

(国際交流員 金 恩志)韓国のお歳暮

  • 印刷する
 瞬く間に2013年が過ぎ、新しい2014年が明けましたね。
 皆さん、「セヘ ボク マニバドルセヨ」(明けましておめでとうございます)。
 日本と同じく、韓国も家族と一緒に新年を祝う風習があります。しかし少し違うのは、韓国は旧正月(2014年は1月31日)に祝うこと。韓国のお正月「ソルラル」は当日を含む前後がお休みとなり、この連休を利用して各地から一堂に家族が集まります。そしてみんなと一緒に先祖を敬う儀式である「チャレ(茶禮)」を行ったり、伝統の遊びをしながら親族を深めます。この「ソルラル」を待ち遠しがるもう一つの理由が「ギフトセット」、つまりお歳暮です。

 韓国の大きい名節であるお正月の「ソルラル」と秋の「チュソク」の時は、親戚や取引先、お世話になった方々に感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ります。プレゼントの内容は時代によって少しずつ変化してきました。
 1960~70年代にはサラダ油、ごま油セット、砂糖セットや下着セット、洗剤・シャンプー石鹸など生活用品セットが人気でした。
 韓国が経済発展を果たした'80年代に入ってからは燻製ハムセットやツナ缶セット、スパムハムセットが定番になりました。また、高級韓牛肉セットや高級イシモチ(グチ)の日干しなど、いわゆる「高級○○セット」が人気を得ました。
 物が豊かになった最近は、逆に健康を重視する風潮になり、高麗人参や栄養剤、健康補助食品のセットが多数登場しました。また、サラダ油より高級オリーブオイルが入ったギフトセットが主流になったり、体に優しい調味料セットなども出てきました。

 時代と関係なく不動の人気のものもあります。
 「チャレ」のお供え物として欠かせない伝統菓子やりんご、梨、柿といった果物、牛肉やイシモチの日干しのような品です。名節の時期、私の家にもりんご、梨など果物が何箱も届きます。先祖に供えるものですのでその質も上品。普段ではなかなか手が行かない値段のものなので、早く食べて食べてと母にせかされ、毎日飽きるほど果物を食べた記憶があります。

 しかし、今人気ナンバーワンを誇るのは商品券だそうです。
 百貨店はもちろん、全国チェーンのスーパーで使える商品券などがあり、自分に必要なものを自由に選べることであげる人は手軽、もらった人も喜ぶそうです。

 日本のお歳暮で人気のものはなんですか?
 韓国の「ギフトセット」と違ったものや似ているものがありますか?
 それぞれ品物は違っても感謝の気持ちを表すことに違いはないですね。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る