このページの本文へ移動

平成25年度第4回旭自治区地域協議会

  • 印刷する

会議結果報告
開催日時 2014年02月5日 13時30分~ 16時40分
開催場所 浜田市旭町今市637番地
旭支所 3階 大会議室
議題 (1)平成26年度旭自治区主要事業要望について
(2)矯正施設出所者等の就労支援事業の取組みについて
(3)防犯灯整備集中期間における整備状況について
(4)民生児童委員の改選について
(5)浜田市議会報告について
   (1)自治区制度に関する再検証報告書について
   (2)中期財政計画及び中期財政見通しについて
(6)その他
公開・非公開 公開

主な意見、質問及び協議結果等

【協議事項】
1.平成26年度旭自治区主要事業要望について
来年度に旭自治区で計画している主な事業について、新たに追加を予定している事業の概要を説明。
(質問)
旭温泉水有効活用事業については、旧泉源90tも余剰水量として利用を検討するということか。
(回答)
新泉源の余剰分と併せて有効活用のプランを検討していただく。

(質問)
旭図書館移転事業で、島根県立旧浜田高等学校今市分校へ放課後クラブや今市公民館を集約するとあるが、島根県から許可されたと理解して良いか。
(回答)
土地及び校舎は浜田市の所有であり、体育館は県の施設となっている。体育館については、島根県からも譲渡するとの回答を得ている。

(質問)
旧木田小学校を活用したコミュニティビジネスの開発等とあるが、現在の進行状況は。
(回答)
木田地区において任意の団体を組織され、意見交換等を行いつつ、イベント等も開催されている。

2.矯正施設出所者等の就労支援事業の取組みについて
矯正施設の出所者等を一定期間受け入れ、職業訓練等の就労支援を行う更生保護施設の設置を、旭自治区で受け入れが可能かどうかについての意見交換を行なった。
(意見)
就労支援により再犯防止につなげることは良いが、不安な面はある。

(質問)
規模的にどの程度のものを想定しているか。
(回答)
就労の支援を行い、生活基盤が出来るまでの最長2年間受け入れられる施設を考えている。

(質問)
旭自治区は高齢化により人材も不足している状況から、地元での雇用も考えているか。
(回答)
オペレーターとして農作業等ができる人材の育成や福祉関連への派遣等が将来的には考えられる。

(質問)
施設の必要性は理解できるが、出所されても帰るところがない、あるいは就労が困難であるなどの現状を説明して欲しい。
(回答)
島根あさひ社会復帰促進センターで言えば、帰るところがないという方は少ないが、仕事があるかないかは別の話になる。これまで出所した人の10%弱が再犯で別の刑務所に入っているが、家に帰っても仕事をしていない人が殆どである。そうすると施設の設置により最長2年間は仕事があり、その間に生活環境を整えることも可能であるため、有効的ではないかと考えている。

(質問)
矯正施設ではヘルパーや介護の資格をとる仕組みはないのか。
(回答)
資格を取る仕組みはある。

(意見)
現在の生活から社会に出た時に自立した生活ができるのか不安に思う。
(回答)
就職をして働くようになれば心配もなくなると考える。

(質問)
このような施設は全国的にはないのか。
(回答)
この構想のものは全国にはない。

(意見)
前向きに進めていくためにも、地域に十分な説明を行い議論する場の設定をお願いする。
(回答)
矯正施設誘致の際にも各地域へ説明をさせていただいた。当然必要があれば行なっていくが、どうしても旭に設置することでスタートするものではない。地域で多くの理解が得られ、進めてみようという方法が見えたところで検討する。

【報告事項】
1.防犯灯整備集中期間における整備状況について
2年間の補助実績見込について報告。
(意見)
今まで暗かったところが明るくなった。必要な場所に明るさがあると嬉しく思う。

(意見)
夜に歩いていると明かりがあるということは安心感があり、心にゆとりができる。

2.民生児童委員の改選について
平成25年12月から改選となった委員について報告。
(質問)
特になし。

3.浜田市議会報告について
(1)自治区制度に関する再検証報告書について
第一次調査として行なった「市民アンケート」及び「団体ヒアリング」の結果を中心に主な傾向等のまとめを報告。
(質問)
職員研修を行なったことについて、700名近くの職員のうち373名の参加となっているが、参加されなかった理由はあるのか。
(回答)
全職員を対象としたが、結果としてこのようになった。今後、二次調査も行なっていくが、その中で職員それぞれの考え等を把握していくと思われる。

(質問)
アンケートの結果では、制度や地域協議会の認知度が低い結果となっている。自治区で取り組んできた成果をもっと示すことで、認知度を上げていけば良いのではないか。
(回答)
そうのようなPRをしっかりと進めていく必要はある。

(2)中期財政計画及び中期財政見通しについて
平成25年度から平成27年度までの中期財政計画及び平成28年度から平成33年度までの中期財政見通しに関する計画概要について報告
(質問)
「聖域なき見直しを徹底した更なる財政改革に取り組む必要がある」とあるが、浜田市の給食センターの一本化はどのような状況か。
(回答)
平成27年度までのところで学校統合が進むため、その段階で正式に方針決定される。

4.その他
(1)旭統合小学校建設事業計画について
建設の進捗状況について報告。
(質問)
特になし。

(2)平成26年度産米の生産調整について
来年度の面積配分見込みについて報告。
(質問)
特になし。

(3)旭自治区地区別年代別人口について
人口割合の状況をついて報告。
(質問)
特になし。

(4)確定申告相談について
平成25年分申告相談日程について報告。
(質問)
特になし。

(5)「浜田市まちづくりフォーラム」について
フォーラム開催について案内。
(質問)
特になし。

(6)「まちづくり講演会inみはし」について
講演会の開催について案内。
(質問)
特になし。

結論

1.平成26年度旭自治区主要事業要望について
・了承
2.矯正施設出所者等の就労支援事業の取組みについて
・了承
3.防犯灯整備集中期間における整備状況について
・了解
4.民生児童委員の改選について
・了解
5.浜田市議会報告について
(1)自治区制度に関する再検証報告書について
・了解
(2)中期財政計画及び中期財政見通しについて
・了解
6.その他
・了解
 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る