このページの本文へ移動

平成26年度第2回金城自治区地域協議会

2014年 6月 23日

  • 印刷する
会議結果報告
会議名  平成26年度第2回金城自治区地域協議会
開催日時 平成26年6月2日 15時10分~16時50分
開催場所  浜田市金城支所 304会議室
会議の担当課  金城支所自治振興課
議題 (1)地域公共交通について

(2)浜田市公共施設白書(暫定版)

(3)人・農地プランについて

(4)その他

公開・非公開  公開

主な意見、質問及び協議内容

(1)地域公共交通について

【趣旨】

 金城自治区内で運行している公共交通の利用実績の報告と、平成26年10月から試行を検討している浜田市敬老乗車制度について説明を行った。

《質問》

 対象地区である美又地区では何人くらいが対象者となるか。また、予算は自治区予算か。

《回答》

 人数は100人から150人が対象者となる想定である。予算については浜田市全体の予算で対応する。

《質問》

 乗車券3,000円分を500円で販売となっているが、財政難と言いながら補助率が高すぎるのではないか。

《回答》

 同様の内容で実施している先進地を参考にした。試行をとおして内容を検証したい。

《質問》

 対象者が高齢者なので、自治会や町内会に周知しただけでは浸透しないと思う。対象者個人への説明が必要ではないか。

《回答》

 対象者個人へ説明する方法についても検討する。

(2)浜田市公共施設白書(暫定版)

【趣旨】

 浜田市の公共施設の実態を調査した、浜田市公共施設白書の説明を行い、金城自治区内の   公共施設について、今後のあり方等について意見を伺った。

《質問》

 金城図書館が狭い。みどりかいかんのバリアフリー化に合わせて改修ができないか。住民が立ち寄りやすい図書館になるよう検討してほしい。

《回答》

 みどりかいかんは補助事業で建設しており、改修には制約がある。支所職員数が少なくなりつつあり、それにより空いたスペースを活用するなど検討したい。

《質問》

 金城自治区内の施設において、財産処分等の順番を決めているのか。

《回答》

 順番を決めている訳ではない。個別の施設ごとに検討することになる。

《意見》

 施設の重要度に合わせた順番を決めた方が良いと思う。

(3)人・農地プランについて

【趣旨】

 将来的な農地の保全等を計画する、人・農地プランについて内容と金城自治区の各地域で作成するスケジュールについて説明を行った。

《質問》

 計画は集落単位か。

《回答》

 集落で話し合っていただき、公民館単位で計画をまとめたいと考えている。

(4)その他

  ・子育て世帯臨時特例給付金・臨時福祉給付金について

  ・子育て支援ガイドについて

  ・浜田市高齢者福祉サービスについて

  ・公民館窓口における住民票交付等の利用状況について

  ・傾斜地水田作業安全・省力化実証事業(伊木地区)について

  ・浜田の「お宝」募集について

  ・金城PAスマートICの利用状況について

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る