このページの本文へ移動

打ち上げ式動物駆逐用煙火の取扱い注意

2014年 10月 2日

  • 印刷する

鳥獣等の動物を追い払うために用いられる動物駆逐用煙火(連続発射式)の使用中に、もち手付近が破裂し、指を欠損するなどの火薬類の事故が平成25年末から全国で4件発生しています。 

 注意事項

動物駆逐用煙火(連続発射式)の使用に際しては、取扱説明書の使用方法を遵守するとともに、以下の注意点を厳守して使用してください。
(1)
製品は直接手に持たず、杭などに固定し使用してください。
(2)
やむを得ず手に持って使用する場合は、当該煙火の販売業者が提供する専用の保護ホルダーを使用してください。その際には、以下の点を厳守願います。

専用ホルダー使用時には、ホルダー底面に手が触れない位置で、可能な限りホルダーの下側を持って使用すること。また、ホルダー底面は体に向けず、ホルダーはできる限り体から離して使用すること。使用する専用ホルダーにおける、変形、さび、ひび割れ等の有無を確認し、異常が有るものや、過去に一度でもホルダー内部で製品が破裂等の異常燃焼をしたものは、使用しないこと。 専用ホルダーは、万一、製品が手元で破裂等した場合の被害を軽減する事はできるが、被害を完全に防止することはできないため、ゴーグル、耳栓、革手袋などの防護具を併用すること。

(3) 株式会社ライズが販売した動物駆逐用煙火(5連発式)、製品名「駆除雷5発」(2012年5月中国製)については、同社が製品の自主回収を行っているため、当該製品をお持ちの方は絶対に使用せず、販売元に連絡すること。(販売元((株)ライズ)連絡先:086-295-1179

経済産業省:注意喚起ポスター 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る