このページの本文へ移動

平成26年度第2回浜田市立図書館協議会

2014年 11月 5日

  • 印刷する
会議結果報告
会議名  平成26年度第2回図書館協議会
開催日時 平成26年10月29日(火)午前10時~午前11時30分
開催場所  浜田市立中央図書館2階多目的ホール
会議の担当課  中央図書館
議題

(1) 三隅図書館開館時間の延長の状況及び期間延長について(報告事項)

(2) 図書館システムの更新について(報告事項)

(3) 図書館運営の状況及び下半期の予定について(報告事項)

公開・非公開  公開

主な意見、質問及び協議内容

1  三隅図書館開館時間の試行延長の状況及び期間延長について

  平成26年6月から実施している三隅図書館の開館時間の試行延長について、試行開始から9月までの利用状況について説明を行った後、10月から翌年3月まで施行期間を延長することについて説明した。

【委員からの主な意見】

 (質問)

・ 延長時間中の利用者はどのような年齢層が多いのか。

 (回答)

 ・ 平日は主に社会人となっている。また高齢者の利用も多くある。

(質問)

・ 9月までの実績はよく分かったが、10月の状況はどうか。

 (回答)

  ・ 日照時間が短くなってきたため、高齢者の利用が減ってことから9月の利用状況と同じ程度となっている。

 (意見)

  ・ 試行延長中の三隅図書館を利用しているが、事務局から説明があったとおり、確かにその時間帯にいる高齢者が少なくなったよう感じる。また、三隅図書館を利用して特に感じるのが、リハビリテーションカレッジの学生の利用が少ないことである。

 (回答)

・ ハビリテーションカレッジの利用が少ないことは委員のご指摘のとおりです。図書館としても9月末に教育委員会三隅分室と一緒にリハビリテーションカレッジに伺い、学生に対して図書館の利用について90分程度の講義をしているが、学生の利用は伸びていない。

(質問)

・ 三隅図書館全体の利用状況について、他の月に比べて9月の利用が極端に少ないが、10月も同じような利用状況となっているのか。

 (回答)

  ・ 6月については、試行延長の開始ということで住民の期待が高かったため、利用も伸びたと考えている。また、7月と8月については夏休み期間中ということで、利用が伸びたが、9月に入ってそうしたことが落ち着いたことが少なくなった原因ではないかと思う。なお、10月の状況は9月より若干利用が少ない程度になる。

 2  図書館システムの更新について

  現行図書館システムについて、導入から5年を経過し、システムの根幹をなすメインサーバーの老朽化し、また同サーバーのマイクロソフトのサポートが終了することから、現行図書館システムの更新(再構築)が必要となることについて説明を行った。

  【委員からの主な意見】

(意見)

  ・ 図書館システムは図書館業務の根幹をなすものであり、利用者の利便性を維持するためにも進めて欲しい。

3  図書館運営の状況及び下半期の予定について

 (1) 職員の人事異動に伴う人員体制について
 (2)
 平成26年度事業の上期の状況及び下期の予定について
 (3) 雑誌書架の改修について

   平成26年4月から9月までの浜田市立図書館の利用状況や今後予定されている図書館事業等について説明を行った。

【委員からの主な意見】

 (意見)

  ・ 図書館が実施する事業について、情報発信が弱いのではないか。もっと積極的なPRをして欲しい。

 (回答)

  ・ 小型のチラシ配布については、全ての行事で行っている訳ではないが、大きなイベントでは小さなチラシを作成して、貸出しの際、利用者に直接配布している。

 (意見)

  ・ 図書館協議会は、単に報告を受けるだけでなく、図書館の抱える課題とその解決について協議する場にする必要がある。また、協議する議題等についても、事前に各委員から意見を聞いて欲しい。協議会の議題にできなくても、会議の当日に文書等で回答してもらっても良い。

 (回答)

  ・ 対応について検討します。

 (質問)

  ・ 定例イベントの図書館シネマについてどのような作品を上映しているのか。

 (回答)

  ・ 図書館シネマについては、大人向けの作品を上映している。主に小説を原作としたものや過去の名作を中心に上映している。最近では固定ファンも増えている。

 (意見)

  ・ 浜田には映画館もないため、図書館での上映会の開催は良い取り組みだと思う。

 以上

 

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る