このページの本文へ移動

 

(国際交流員 ドナルド マルヤマ)旅立ち

2015年 1月 23日

  • 印刷する

2012年の夏、スポーツの祭典,第30回夏季オリンピックがロンドンで開催され世界中の人々が熱いまなざしをそこに向けているとき、僕はここ石州浜田へ赴任しました。日本への憧れ、仕事に対する期待と不安、新しい環境に対応する為の緊張感、僕も正に燃えていました。あれからもう2年があっという間に過ぎ去り、2014年の夏に入りました。ブラジルではワールドカップが開催されました。歳月人を待たずとは本当に的を射た言葉ですね。走馬灯のように頭をよぎる多彩なことを書き留めたいと思います。

最初の一番心配事は、自転車通勤でした。自転車乗りは不得手で日本の交通網には不慣れの為家族も心配しましたが、最初の週は同僚が一緒に通勤してくれ助かりました。盛大な歓迎会も忘れられません。やはり思い出せば切りがないので、特に印象深いものを列挙します。

英語講座、日常会話、中級フリートーク、絵本は市民と触れ合える貴重な時間で少しずつ彼らの進歩が見えたとき、うれしいし参加者の人と親しくなり食事をする機会ができ感激しました。

各地域での学校訪問は日本と比較しながらアメリカの紹介をしました。日本の学校へ通ったことが無かった僕にとって新鮮な雰囲気に浸ることができました。学生も元気で意欲的かつ丁寧に説明してくれ頼もしく感じました。鋭い質問や応答にかえってたじたじになりました。

ハロウィンパーティー、クリスマス交流会はALTの力を借りイベントを企画。準備の段階で色々考慮し大変でしたけど、前日に部屋の模様替えや衣装の準備が完了した時はほっとしましたし、当日子ども達の笑顔を見て感無量でした。

広報の記事はアメリカで何気ない話題に関して新しい目で見るよい機会が得られ多くの市民の方に読んでもらえ光栄です。これを機会にアメリカをもっと理解してください。

神話の国、島根県の世界的にも有名な縁結びの神様がおられる出雲大社からのお導きでここ石州浜田に赴任したと信じている僕にとって本当に実りおおき2年間でした。いよいよ旅立ちです。皆様、色々お世話様でした。心から感謝いたします。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る