このページの本文へ移動

 

イギリスの夏(広報はまだ平成27年8月号)

2016年 11月 8日

  • 印刷する

 最近、どんどん暑くなっていますね。この夏の中で、私は浜田の海岸に行くのが好きです。青い海に癒されるのです。

 イギリスの夏はどうでしょうか。イギリスの気候は1年中、涼しい天気です。真夏でも平均気温は20℃ぐらいです。多くの日本人は、それを過ごしやすく考えるようですが、イギリス人に日本の夏について聞くと「いいなぁ」という反応をします。イギリス人は、暖かい天気に憧れていますので、夏には海外に行きます。

 海外旅行は高いというイメージを持つ人が多くおられると思いますが、実は、ヨーロッパ内の旅行はさほど高くもないと思います。LCC (格安航空会社)が長きにわたって普及しており、簡単にあちらこちらへ行くことができます。先ほど言及したように、イギリス人は 暖かさを求めて旅行するので、1番人気のあるところは暖かい国です。スペインをはじめ、フランス・ポルトガル・イタリアなどの、南ヨーロッパの国が一番人気です。

 海外旅行をすると、もちろん観光もしますが、イギリスではあまりできない「日光浴」がすごく人気です。皆さん、イギリスでは肌が白いのが望ましくないというのをご存知ですか?イギリスでは、肌が茶色であればあるほど美しく考えられています。実は、英語では、日本語でいう「日焼け」に該当する言葉は2つあります。1つ目は「sunburn」です。直訳すると「日やけど」という意味で、太陽の影響で皮膚が赤くなることです。もちろん良いことではありません。2つ目は「suntan」です。それは太陽の光で皮膚が茶色くなるということを指す言葉です。イギリス人はそれに憧れています。イギリス人は日光浴をし、「suntan」になるように頑張っています。帰国すると、同僚や友達などに自分の良い「suntan」を見せることができます。

 私は子どものころ、フランスから帰ってくるときにフェリーに乗りました。多くのフランス人が同じフェリーに乗っていました。母になぜフランス人がイギリスに来るかというのを聞いたら、母が「旅行です」と答えました。驚きました。なぜ旅行で寒い国に行くのかと思いました。理解できませんでした。今は、人が名所を見に行くなど、いろいろな目的で旅行しているのはもちろん分かりますが、当時は「旅行は天気のため」だという概念が根強かったです。

 皆さん、海外に行ったことがありますか?

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る