このページの本文へ移動

会議結果報告

2015年 7月 13日

  • 印刷する

 会議結果報告

会議名

平成27年度 第1回浜田市立図書館協議会

開催日時

平成27年6月26日(金)午前10時~午前11時55分

開催場所

浜田市立中央図書館2階 多目的ホール

会議の担当課

教育部中央図書館

議題

(1)島根県立大学メディアセンター長の異動に伴う会長の後任について

(2)平成26年度浜田市立図書館利用状況について

(3)異動図書館車「ラブック号」6月からの運行予定について

(4)平成27年度6月以降の図書館サービスの拡充について

(5)浜田市立図書館協議会「意見等集約シート」での意見について

 

公開・非公開

公開(傍聴0人)

主な意見、質問及び協議内容

 1  島根県立大学メディアセンター長の異動に伴う会長の後任について

  事務局から通例として島根県立大学メディアセンター長に会長を務めていただくことになっていることから、別枝委員に会長を務めていただくことを提案し、委員の了承を得て、別枝委員が会長に就任することで決定した。

 

2  平成26年度浜田市立図書館利用状況について

  資料に基づき、館長より平成26年度の利用状況、及び図書館における主なイベント等の実施状況、図書館ボランティアの状況について報告した。

【委員からの主な意見】

(意見)

 ・ 以前は、4ヶ月くらいの方もみえていたが、2,3歳くらいの方が多い。子育て支援センターすくすくにも行っているが、こちらは1歳前後のお子さんが40人くらい来られていた。図書館にもたくさん、そういうお子さんが来られると良いと思う。

 (意見)

 ・ イベントを実施した後、どのように振り返られているのか。関わった方と課題、良い点を話し合っていただきたい。2年間続けてこられたボランティアの方々の今の思いを知りたい。レファレンスの数は、本の所在についての質問以外の件数を知りたい。

 

3  移動図書館車「ラブック号」6月からの運行予定について

 資料に基づき、館長から6月から変更した運行スケジュールについて昨年度の利用実績(利用者数1,637名、貸出冊数5901冊)などを含め説明した。

【委員からの主な意見】

(意見)

・ 市町村合併により低下した地域へのサービスということで大変、大切な事業だと考える。移動図書館車の車両が老朽化していると聞いた。部長さんもおられることだし、浜田を教育、読書で子どもを育て、また図書館まで行けない高齢者の方のためにこのサービスをハード面でも充実していただきたい。

 

4  平成27年6月以降の図書館サービスの拡充について

  資料に基づき、館長からインターネット等を利用した予約サービスの対象拡大と貸出中の資料の貸出期間延長手続きの変更について説明した。

【委員からの主な意見】

 特になし。

5  浜田市立図書館協議会「意見等集約シート」での意見について

(1)県立図書館からの寄託図書だけでなく、市の蔵書についても学校への配送サービスをお願いできないか

(意見)

・ 学習の時期がどうしても重なるので、学校でもそろえるようにしているが、寄託図書だけでは、十分でなく、市の図書館の蔵書についても配送をお願いしたい。

(回答)

・ 今すぐには無理であってもサービス拡充のチャンスでもあるので、対応が可能か検討する。

 

(2) 浜田市教育振興計画策定にあたり、図書館協議会が館長の諮問機関として、なんらかの提言ないし答申をすることがあってもいいのではないか。

(意見)

・ 協議会において、もう一度、基本計画に基づいて図書館への要求というより、実情を知った上で質の向上に職員に占める有資格者の数の提案や、厳しい目での市民の求める図書館と違う点などを提案していく必要があるのではないか。

 

(意見)

・ 個別のことを全て協議会でするわけにはいかない。関係している方が個別に集まって協議、提案するような形で我々は常に自分が関わっている案件について意見を述べるということもできるのではないか。

 

(意見)

 学校司書の配置も大切だが、子どもたち自身が図書係として図書館に関わることも大切ではないかと提案し、取り入れていただいた。子どもたちに積極的に図書館に興味を持たせることが必要。

 

(意見)

・ 若い人たちは、中央図書館に流れているのではないか。(蔵書が多く)読みたい本があって良いと聞く。本を手渡す人が必要。3歳児検診にも本を持ってきておけば、読み聞かせをした本は借りて行かれると思う。小さいお子さんとお母さんはなかなか図書館に行くことができない。

 

(回答)

   教育振興計画の話があったが、市長は、基本方針の柱のひとつに教育行政を置き、特に読む書くことに重点を置いている。情報や図書館を活用した教育を進めている。教育振興計画については、館長もメンバーであり、今日、色々な意見がでたが、それを吸い上げていく。皆さん方には、これまでと同様、色々なご意見を出していただきたい。

 

このページに関するお問い合わせ先

ページの先頭へ戻る