このページの本文へ移動

ベトナムの女性の日について(広報はまだ平成28年3月号)

2016年 11月 9日

  • 印刷する

 3月になると、春の訪れを感じる日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか。今回は、ベトナムの3月の大事な記念日である「国際女性デー」について紹介します。

 「女性の幸福、権利及び社会の均等、平和、発展のために戦う」記念日として1977年に国連によって3月8日は国際女性デーとして正式に定められました。

 ベトナムでは英雄のハイ・バー・チュン姉妹が国を守るため敵に抵抗したことを記念する日でもあります。その2つ意味を合わせて、現在は女性の役割を重要にし、女性に感謝する日とされています。

 街中には「国際女性デーを心から祝います」と書かれた横断幕が掛けられます。前日から、通りの両側には、様々な彩りの花束が売られ、ショップでは女性向けのセールが行われるなど活気にあふれます。当日は行政団体・学校・病院・会社などは、女性向けに華やかなイベントが行われます。この日は、男性が自宅や職場で、女性がふだん行っている家事や仕事を手伝うのが一般的です。

 また、男性は国際女性デーに周りの女性・母・妻・姉妹・同僚などに、花や祝う言葉・プレゼントなどを贈る習慣があります。プレゼントはいろいろありますが、特に夫が妻や子どもに、自分で料理を作ってご馳走することは、女性にとって最もうれしいプレゼントです。

 ベトナムの女性は、戦争時代からのまじめな姿勢・勤勉さを今でも持ち続け、社会の全ての面で活躍する一方、子どもの教育に奮闘しながら、幸せな家族を作る努力をしています。また、国の発展に貢献し、社会的に重要な役割を果たしています。3月8日の国際女性デーは、本当に有意義な日ではないでしょうか。日本では女性への感謝を表す日がありますか。

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る