このページの本文へ移動

 

旅立ちの季節(広報はまだ平成28年4月号)

2016年 11月 8日

  • 印刷する

 皆さん、こんにちは。やっと桜が咲く季節になりましたね。ずっと前からお花見を楽しみにしていました。

 去年の4月に私が国際交流員として浜田に来て、もうすぐ1年になります。この1年を振り返ってみると、最初は不安でしたが、浜田の皆さんに温かく接していただいたおかげで、ホームシックにならず、安心して充実した1年を過ごすことができました。文化講座、語学講座、学校訪問、料理教室、お祭りでの出展、翻訳・通訳…「国際交流」という大きな枠組みの中で自分の仕事による交流効果がどのくらいあるかよく分かりませんが、ただただ心を込めて、一つひとつの仕事を大切にしてきました。1年は短いですが、交流活動によって、少しでも皆さんの心に何か意味があるものを残せたら幸いです。

 和紙漉き、寿司作り、茶道体験、石見神楽、しまね海洋館アクアス、石見畳ヶ浦、いつもの通勤路、よく通うスーパーや飲食店、お世話になった皆さん…全て大切な思い出です。

 私は旅行が好きなので、日本のいろいろな場所に行って、現地の雰囲気を感じたり、人と出会ったり、日本人のマナー・生活習慣・考え方などをさらに学ぶことができたりしてよかったです。

 この1年で、中日交流の大切さを実感しました。日本では、中国の良いところより中国が抱える問題をよく耳にする人が多いかもしれません。壮大な景色、多彩な料理、躍進する科学技術、数え切れない伝統芸能…中国の素晴らしさをもっと知っていただきたいです。機会があれば、ぜひ中国へ遊びにお越しください。きっとイメージとは違う中国を発見することができるでしょう。異なる文化が交わる中で、伝統や習慣の違いにより不快な思いがよく生じることもありますが、どこかで「理解」という名の花も咲くと思います。

 そろそろ任期が終わり、浜田とのお別れの時期が来ると思うと、本当に名残惜しいです。この旅立ちの季節に桜の花びらは心を和ませてくれるでしょう。

 皆さん、1年間本当にありがとうございました。いつかまたお会いできるといいですね。

トウセン写真

このページに関するお問い合わせ先

  • 浜田市 産業経済部 観光交流課
    電話:0855-25-9530   メールアドレス:kankou@city.hamada.lg.jp

ページの先頭へ戻る